スポンサードリンク

【レビュー】aosta カメラボディバッグ ジェットダイスケモデル PHOTOWALK を大阪出張で使ってみた

Pocket
LINEで送る

大阪に2泊の出張となったのですが合間の時間が取れそうなので、発売前に試用させて頂いている aosta カメラボディバッグ ジェットダイスケモデル 持って行くことにしました。(以降本記事では「例のカメラバッグ」といたします。)

例のカメラバッグ発表会のレポート記事は→こちら

予約開始の記事は→こちら

 

キャリーバッグに入れてみた

出張で使っているキャリーケースはTIMBUK2 Copilot Luggage Rolle(ティンバック2 コパイロットローラー) 容量 52L、高さ55cmで機内持ち込み可能です。

 

 

中身にアクセス出来るフロントジッパーや、上部の小物入れのジッパーもあり、いろいろ便利。また、個人的には、2ローラーの方が好みなので気に入って使っています。

 

 

ボトム側はこのようにセミハードになっています。

 

 

ここに、例のカメラバッグを入れてみるとこんなかんじ。

 

 

そして着替えのパックがちょうど収まる感じになります。

 

 

仕切りのジッパーも余裕で閉じることが出来ました。

 

例のカメラバッグ製品発表会でも説明がありましたが、機内持ち込みのようなスーツケースに簡単に入るサイズで設計されましたので当然と言えば当然ですが、私が出張の時欲しいカメラバッグは正にこのサイズだったのです。

またこのように横方向にもジャストで収まりますので、良く考えられている大きさだと思います。

 

 

勿論フロント側にもちょうど収める事が出来、このバッグであればより簡単に取り出せるようになります。

 

 

例のカメラバッグ 中にはこれだけ入った

今回はレビューさせて頂くということで、ちょっと多目にフルサイズミラーレスのSONY α7RII+Voigtländer NOKTON Classic 40mm F1.4、そしてAPS-CコンデジのSIGMA DP2 Merrill、RICOH GR IIIを入れています。

 

 

更にとスマホ1台(写真はiPhoneですが、P20 Pro)と街歩き用で使っている薄いサイフも。

また、例のカメラバッグ発表会でも発明!と思った、二重になっている仕切り部分には、予備のSDカード、予備バッテリー、そしてDP2のクローズアップフィルターを入れることが出来ましたのでこれら全部を整理して収めることが出来ました。

 

 

DP2もGRもバッテリーが少し弱点ですので、それが仕切り部分の分けて入るのはとても良いですね。

良くフタの部分に小物入れが付いているカメラバッグがありますが、そこにバッテリーとか入れると重くなって使い難くなりますが、仕切り部分であれば気にすることは無いと思いました。

ちなみに、サイドにあるポケットにはGR IIIを余裕で入れることが出来ました。なので更にコンデジ1台持ち歩けるかも、、、そんなに沢山必要ないとは思いますが、レンズ数本入るなどされた場合は更にサイドにコンデジ入れることが出来ますので便利ですね。

 

 

更にiPhone 7 や8サイズであれば2台以上入りそうw

 

 

ちなみに、HUAWEI P20 Proなどの6インチサイズのハイエンドスマホはちょっと縦方向のサイズが足りない感じ。

 

 

で、私の場合、P20 Proはカメラと同等扱いで内部に入れました。

ただし、端っこ位置は高さが不足する感じ。

 

 

このくらい離せばちょうどジッパーが閉まるようになります。

 

 

またフロントの斜めジッパーの中には、折り畳み傘も入れることが出来ました。

ここに入れたのはHUS カーボンスリム 55 という傘で最高に気に入ってます。
この傘、55cm で重量が196gですのでスマホ1個分の重量。しかも生地が薄く畳んだ時にスリムになりますので、例のカメラバッグに余裕で収めることが出来ます。

 

\

 

例のカメラバッグ意外に入るけど

このように今回試用ですので、結構沢山入れて見ましたがちょうど余裕で入れることが出来ました。

ただ、お散歩や町歩き程度であれば、ミラーレスにレンズ2本、あるいは、ミラーレスとコンデジ1台づつくらいが適正だと思います。
入れ過ぎてしまったら例のカメラバッグのコンセプトが台無しですので、やはり気分的にも余裕で使うことが出来るように、少ない機材を持ち歩いて気軽に撮影する方が楽しいですよね。

ということで、お散歩をコンセプトにした例のカメラバッグですが、出張用のインナーケース兼用街歩きカメラバッグとしては最高のサイズ感という感じです。

 

カメラバッグはデザインも大切

更に、カメラバッグの場合デザインや質感も大切で、安っぽい質感や形状のバッグでは、あまり楽しく無いです。例のカメラバッグはカメラを保護するという機能も良いですが、外観のデザインや質感もかなり作り込まれてる感じがしました。

同じTPU素材ということで、私のキャリーケースとの相性も良いです(^^

 

スティッチが赤のバージョンが出れば更に私のキャリーバッグに合うのですが、、、、、ケンコートキナー 様ご検討よろしくお願いいたしますm(_._)m

ということで、例のカメラバッグだけで大阪の街を歩いてみたいと思います。

 

 

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

 

 

 

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

One thought on “【レビュー】aosta カメラボディバッグ ジェットダイスケモデル PHOTOWALK を大阪出張で使ってみた

コメントを残す