スポンサードリンク

限界を超えろ。一眼レフカメラの完成形 キヤノン EOS 90D 発表

Pocket
LINEで送る

Canon はAPS-Cミラーレスカメラ EOS M6 Mark IIと同時にAPS-C 一眼レフカメラ EOS 90Dを発表しました。
発売は9月下旬で、価格は税別19万7,500円前後の見込みということです。

プレスリリース

“キヤノンは、光学ファインダーによる本格的な写真表現を求めるハイアマチュアユーザーのニーズに応えるデジタル一眼レフカメラ”EOS 90D”を2019年9月中旬より発売します。”
Via ‘ 光学ファインダーによる本格的な撮影を実現 高速連写と高画質を両立したデジタル一眼レフカメラ”EOS 90D”を発売 | キヤノンマーケティングジャパングループ企業情報 (https://canon.jp/newsrelease/2019-08/pr-eos-90d.html)

プロモーションビデオ

 

製品情報ページ

  • イメージセンサー
    • 約3250万画素CMOSセンサー
    • デュアルピクセルCMOS AF
  • 映像エンジンDIGIC 8
    • RAW 14bit
    • 常用最高感度ISO100-25600 拡張ISO51200
  • シャッター
    • メカニカルシャッター 1/8000
    • 電子シャッター 1/16000秒
  • AF
    • 22万画素 新AFセンサー
    • 測距点 45点 オールクロス
    • AFマイクロアジャストメント
    • 顔を追従するEOS iTRT AF
    • 露出 384分割測光
  • 連写 10コマ/秒
  • 動画
    • 4K 30p
    • MPEG-4 H.264 可変ビットレート
    • クロップあり/なし選択可能
  • バリアングル液晶モニター
    • 3.0型 104万ドット
    • タッチ操作対応
  • ファインダー
    • ペンタプリズム
    • 視野率100%
    • 倍率 0.95倍
    • インテリジェントビューファインダー
  • 内蔵ストロボ GN22
  • フリッカーレス撮影
  • 流し撮りアシスト
  • microUSB
  • HDMI mini C
  • Wi-Fi
  • Bluetooth
  • 大きさ 約140.7(幅)×104.8(高さ)×76.8(奥行)mm
  • 質量 約701g(バッテリー、カードを含む)/約619g(本体のみ)

 

スペシャルコンテンツ

 

EOS 90Dは最新一眼レフカメラとして抜かりないスペックという感じでしょうか?

同時発表されたEOS M6 Mark IIと、一眼レフを選ぶのかミラーレスを選ぶのかで選択肢が揃えられていますので、これまで通りCanonユーザーを継続出来るということですね。

 

各メディアの記事

“キヤノンは新たに有効約3,250万画素のAPS-Cセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ「EOS 90D」を9月中旬に発売する。”
Via ‘ キヤノン、10コマ/秒連写のAPS-C一眼レフ「EOS 90D」 – デジカメ Watch (https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1203664.html)

“画素数を有効3250万画素にまで高めるとともに、ファインダー撮影時でも顔認識でオートフォーカスが働くように改良した。連写性能をファインダー撮影時とライブビュー撮影時の両方で高めたほか、クロップなしの4K動画撮影にも対応。野生動物やスポーツなどを望遠でズバズバ撮影したいと考える趣味層に訴求する。”
Via ‘ キヤノン「EOS 90D」 3250万画素で“APS-C一眼レフの完成形” | マイナビニュース (https://news.mynavi.jp/article/20190828-884331/)

“EOS 90Dの開発コンセプトは、“APS-C一眼レフの完成形”だ。80Dよりもコンパクトなサイズ(約140.7mm×104.8mm×76.8mm、約701g)ながら、本格一眼レフカメラとしての性能と先進機能を進化させた。”
Via ‘ コンセプトは“APS-C一眼レフの完成形”–キヤノン、デジタルカメラ「EOS 90D」 – CNET Japan (https://japan.cnet.com/article/35141828/)

“高速連写は最高およそ10コマ/秒(ファインダー撮影時)または最高およそ11コマ/秒(ライブビュー/AF固定)となり、上位モデル「EOS 7D Mark II」と同等という(EOS 80Dではいずれもおよそ7コマ/秒)。さらにシャッター速度として電子シャッターによる最高1/16000秒が利用できるようになり、動画撮影機能ではフルHDでの120p/100pの高フレームレート撮影に対応。”
Via ‘ ASCII.jp:上位機種なみの本格機能を搭載したAPS-C一眼レフ機、キヤノン「EOS 90D」 (https://ascii.jp/elem/000/001/923/1923763/)

“ライブビュー撮影時だけでなく光学ファインダー撮影時でも活用できる「流し撮りアシスト機能」をEOSシリーズとして初搭載。シャッタースピードを自動設定するほか、対応レンズであれば被写体ブレを抑制可能。ライブビュー撮影時には、静止画・動画ともに検出した顔の瞳に自動でフォーカスし続ける「サーボAF/動画サーボAF」での瞳AF設定が可能となった。”
Via ‘ キヤノン、APS-C一眼レフカメラ「EOS 90D」を発売。約3250万画素、4K30pクロップ選択が可能 – PRONEWS (https://www.pronews.jp/news/20190828130736.html)

“光学ファインダーは視野率約100%で、リアルタイムに被写体の確認が可能。動く被写体に対してもすぐれた捕捉性能を発揮する「オールクロス45点AF」に加え、最高約10コマ/秒の高速連写を実現している。”
Via ‘ 光学ファインダーは視野率約100%で、リアルタイムに被写体の確認が可能。動く被写体に対してもすぐれた捕捉性能を発揮する「オールクロス45点AF」に加え、最高約10コマ/秒の高速連写を実現している。 (https://news.kakaku.com/prdnews/cd=camera/ctcd=0049/id=87378/)

 

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

One thought on “限界を超えろ。一眼レフカメラの完成形 キヤノン EOS 90D 発表

コメントを残す