スポンサードリンク

“「撮る」が、変わる” キヤノン EOS M6 Mark II 発表

Pocket
LINEで送る

これまでの噂通り、Canonが新APS-Cミラーレスカメラ EOS M6 Mark IIを発表しました。

プレスリリース

“キヤノンは、EOS Mシリーズの新製品として、小型・軽量を追求しながらも静止画・動画において本格的な撮影を実現するミラーレスカメラ”EOS M6 Mark II”を2019月9月下旬に発売します。”
Via ‘ 約3250万画素の解像力と最高約14コマ/秒の高速連写を実現 小型・軽量のミラーレスカメラ”EOS M6 Mark II”を発売 | キヤノンマーケティングジャパングループ企業情報 (https://canon.jp/newsrelease/2019-08/pr-eos-m6mk2.html)

プロモーションビデオ

 

製品情報ページ

  • 約3250万画素CMOSセンサー
    • デュアルピクセルCMOS AF
  • 映像エンジンDIGIC 8
    • RAW 14bit
    • 常用最高感度ISO100-25600 拡張ISO51200
  • シャッター
    • メカニカルシャッター 1/4000
    • 電子シャッター 1/16000秒
  • 連写
    • 高速連続撮影+ 最高約14コマ/秒
    • RAWバーストモード 最高約30コマ/秒
  • 測距点 143点
  • 瞳AF搭載
  • 露出 384分割測光
  • 動画
    • 4K 30p
    • MPEG-4 H.264 可変ビットレート 120Mbps
    • クロップなしの4K動画
  • チルト式液晶モニター
    • タッチ操作対応
    • 3.0型 104万ドット
  • デュアルセンシングIS
  • AFスタートボタン搭載
  • フォーカスモードスイッチ搭載
  • 外付けEVF対応
  • USB-TypeC
  • HDMI TypeD
  • Wi-Fi
  • Bluetooth
  • 大きさ 119.6(幅)×70.0(高さ)×49.2(奥行)mm
  • 質量 約408g(バッテリー・カードを含む)/約361g(本体のみ)

 

キャッチフレーズは「撮る」が変わる ということですが、どう変わるのでしょうか?
早く使ってみたいですね!

 

スペシャルコンテンツ

Canon EOS M6 Mark II
Canon EOS M6 Mark II

 

各メディアの記事

“ラインアップはボディ単体とレンズキット(EF-M18-150 IS STMまたはダブルズーム[EF-M15-45 IS STM+EF-M18-150 IS STM])とこのレンズキットに外付けEVFがセットになったパッケージ。ボディカラーはブラックとシルバーの2色で展開する。同社オンラインショップでの販売価格は税別11万5,000円〜税別16万7,500円の見込み。”
Via ‘ キヤノン、AF追従最大約30コマ/秒の「EOS M6 Mark II」 – デジカメ Watch (https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1203744.html)

“APS-Cサイズで有効3,250万画素のCMOSセンサーと、映像エンジンDIGIC 8を備えた、キヤノンEF-Mマウントのミラーレスデジカメ。トリミングによる部分拡大でも高画質な画像を得られるとしている。常用ISO感度は最高25600(拡張ISO 51200相当)を実現。室内や夜景などの暗いシーンでもノイズを抑え、高画質な撮影ができるという。”
Via ‘ キヤノン、瞳AF対応のミラーレス「EOS M6 Mark II」。14コマ高速連写 – AV Watch (https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1203873.html)

“AFエリアの分割数がEOS M6の最大49点から最大143点に増加。また、ファインダー撮影中であっても液晶画面上を指でなぞってAF枠を移動させる「タッチアンドドラッグAF」機能が追加された(「EVF-DC2」装着時に利用可能)。”
Via ‘ 連写の強化や操作性を改善した小型軽量APS-Cミラーレス「EOS M6 Mark II」 – 週刊アスキー
(https://weekly.ascii.jp/elem/000/000/433/433174/)

“キヤノンは8月28日、APS-CサイズのCMOSセンサーを搭載したミラーレスカメラ「EOS M6 Mark II」を発表した。同時発表のAPS-C一眼レフ「EOS 90D」と同じく、撮像素子の画素数を有効3250万画素にまで高めた。新たに、シャッターボタンを押す0.5秒前からAF追従で秒30コマの高速連写をするEOS初の「RAWバーストモード」を搭載したのも特徴。連写性能を秒14コマに引き上げたほか、クロップなしの4K動画撮影にも対応する。ファミリー層、写真趣味層ともに満足できるオールマイティな小型軽量のAPS-Cミラーレスとして訴求する。”
Via ‘ キヤノン「EOS M6 Mark II」 秒30コマのAF追従連写に対応 | マイナビニュース (https://news.mynavi.jp/article/20190828-884722/)

“同社のレンズ交換式カメラで初搭載となる最高約14コマ/秒の「高速連続撮影+」と最高約30コマ/秒の「RAWバーストモード」を採用し、高速連写を実現している。

Via ‘ キヤノン、3250万画素で14コマ/秒の高速連写に対応した「EOS M6 Mark II」 (https://news.kakaku.com/prdnews/cd=camera/ctcd=0049/id=87381/)

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

3 thoughts on ““「撮る」が、変わる” キヤノン EOS M6 Mark II 発表

コメントを残す