スポンサードリンク

キヤノンがフルサイズミラーレス用RFマウント大三元レンズ 2本を発表

Pocket
LINEで送る

Canonがフルサイズミラーレス用の大三元RFレンズ RF15-35mm F2.8 L IS とRF24-70mm F2.8 L IS USMを発表しました。

プレスリリース

“キヤノンは、「EOS Rシステム」の核となる交換レンズ「RFレンズ」の新製品として、プロ・ハイアマチュアユーザー向けの大口径広角ズームレンズ”RF15-35mm F2.8 L IS USM”および大口径標準ズームレンズ”RF24-70mm F2.8 L IS USM”を2019年9月下旬より発売します。”
Via ‘ 「EOS Rシステム」の大口径広角・標準ズームレンズ2機種を発売 ズーム全域での開放F値2.8とIS搭載により撮影表現の幅が拡大 | キヤノンマーケティングジャパングループ企業情報 (https://canon.jp/newsrelease/2019-08/pr-rf-lens.html)

RF15-35mm F2.8 L IS USM

9月下旬発売で、オンラインショップでの価格は275,000円(税込 297,000円)となっています。

RF15-35mm F2.8 L IS USM プロモーションビデオ

RF15-35mm F2.8 L IS USM 製品情報ページ

  • レンズ構成 12群16枚
  • 3枚の「ガラスモールド非球面レンズ」と2枚の「UDレンズ」
  • 特殊コーティングSWCやASCを採用
  • 超音波モーター「ナノUSM」搭載
  • フルタイムマニュアル
  • 絞り羽根枚数 9枚(円形絞り)
  • 最大5段分の手ブレ補正効果
  • 最短撮影距離 0.28m
  • 最大撮影倍率 0.21倍
  • フィルター径 82mm
  • 最大径×長さ 約φ88.5mm×126.8mm
  • 質量 約840g

 

RF24-70mm F2.8 L IS USM

9月下旬発売で、オンラインショップでの価格は275,000円(税込 297,000円)となっています。

RF24-70mm F2.8 L IS USMプロモーションビデオ

RF24-70mm F2.8 L IS USM製品情報ページ

  • レンズ構成 15群21枚
  • 3枚の「ガラスモールド非球面レンズ」と3枚の「UDレンズ」
  • 特殊コーティングSWCやASCを採用
  • 絞り羽根枚数 9枚(円形絞り)
  • 最短撮影距離 0.21m
  • 最大撮影倍率 0.30倍(32mm時)
  • 超音波モーター「ナノUSM」搭載
  • フルタイムマニュアル
  • フィルター径 82mm
  • 最大径×長さ 約φ88.5mm×125.7mm
  • 質量 約900g

プロ向けフルサイズミラーレスシステムとして重要なレンズをきっちり揃えて来たのですからより上級のボディも期待したいですね。
確実に新製品を発表するCanonはやはりミラーレスでもシェアを獲得することになるのでしょうか?

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

-
Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

One thought on “キヤノンがフルサイズミラーレス用RFマウント大三元レンズ 2本を発表

コメントを残す