スポンサードリンク

ソニーが金額ベースのシェアでニコンを追い越しこれまの3位から2位のカメラメーカーに躍進!(SAR)

Pocket
LINEで送る

市場アナリスト及び一般投資家向けの2019年IR説明会でSONYのカメラ事業における2018年の結果が説明されたということです。

Today Sony had a 5-hour meeting with analysts and investors: Sony IR Day 2019 (IR = Investor Relations). Via : SonyAphaRumors – Sony now has 24% of the overall worldwide camera market share. Up 4% over the previous year!

 

スチルカメラ市場におけるSONYのシェア

  • 2017年の1兆4000億円から2018年は1兆3000億円に7.1%縮小した。
    • CIPAの統計ではカメラ+交換レンズは8.3%縮小している。
  • SONYのマーケットシェアは20%から24%に増大した。
  • SONYのミラーレスカメラ+交換レンズ市場のシェアは19%から23%増大した。
    • SONYはこの市場でナンバー2のポジションとなった(2017年はナンバー3)
    • 結果Canonには及ばないがNikonを上回った
  • SONYのコンパクトカメラ市場シェアは26%から29%に増大した。
    • SONYはこの市場でナンバー1となった(2017年はナンバー2)。

ビデオカメラ市場におけるSONYのシェア

  • 市場全体は2017年の3900億円から2018年は3000億円に縮小。
  • SONYは昨年と同じ29%のシェアを獲得している。

 

2018年の結果ということで、Nikonを上回ったというのがトッピックですね!
(ただし、今回は金額ベースということなので、台数ベースの統計では異なるシェアとなるかもしれません。)

 

2019年もSONYは好調のようですので、来年の決算発表ではどのようなシェアも更に伸ばしている可能性が高いですね1

 

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

2 thoughts on “ソニーが金額ベースのシェアでニコンを追い越しこれまの3位から2位のカメラメーカーに躍進!(SAR)

コメントを残す