スポンサードリンク

アドビ #Lightroom 8.3 で搭載されたTextureスライダーがポートレートで便利そう

Pocket
LINEで送る

Lightroom 8.3 が発表されましたが、今回 Texture という新しいスライダーが搭載されたということです。

“2019年5月のアドビ フォト製品のリリースは、より良い写真を撮り、コラボレーションや編集をさらにレベルアップする、多くの重要なアップデートを含んでいます。最新のLightroomのアップデートはiOS App StoreやGoogle Playから提供が開始されており、Creative Cloudデスクトップアプリも本日から利用可能です。”
Via ‘ 2019年5月 Lightroom アップデートを提供開始 #Lightroom (https://blogs.adobe.com/japan/cc-photo-may-lightroom-releases/)

この機能、大雑把に言えばお肌の荒れを一発で消すことが出来るツールということです。
これでLightroomを使えば誰でも簡単にポートレートで撮影した人物のお肌を滑らかに出来るということですね!

このTextureはACRでも調整出来るということで、開発チームのブログにその詳細がアップされています。

“Today we are introducing a new control called “Texture” in Lightroom (on Mac, Windows, iOS, Android, and ChromeOS), Lightroom Classic, and Camera Raw. We’ll start with a bit of background of the feature, and then I’ll show you some tips and tricks to help you get the most out of Texture. Let’s dig in!”
Via ‘ From the ACR Team: Introducing the Texture Control | Adobe Blog (https://theblog.adobe.com/from-the-acr-team-introducing-the-texture-control/)

  • LightroomとCamera Rawで、より早くより高品質のスキンスムージング処理を行いたいという強い要望があった。
    • 開発プロセスの初期の段階では、「テクスチャ」は単なる「スムージング」だった。
    • その後テクスチャをプラスに降ることも可能になった。
  • 画像は、高周波成分、中周波数成分、程周波数成分に分けることが出来る。
  • シャープネス処理
    • 高周波成分のコントロールで一般的なのはシャープネス処理である。
    • シャープネスをプラスで行うと、ノイズ部分も強調されてしまう。
  • テクスチャ処理
    • テクスチャは中周波数成分に対して行うのでプラスしてもノイズは増大せず、画像が鮮明になる。
    • テクスチャ処理をマイナスにすると、人間の肌をスムースにすることが出来る。
    • テクスチャはブラシを用いてローカル部分にも適用することが出来る。
    • テクスチャ処理でボケの部分に柔らかい雰囲気を追加することが出来る。
    • カメラの設定によっては、ノイズ成分がテクスチャ処理の対象となる中周波数成分に入って来る場合があるので注意して欲しい。
  • 明瞭度処理
    • 明瞭度はテクスチャよりも強い処理で明るさと彩度も変化させる。
    • 明瞭度はより低い周波数成分の部分に対して、より強い効果を付加することが出来る。
    • 明瞭度をマイナスに振ることで背景のボカシを追加することが出来る。
  • テクスチャは焦点が合っている狭い領域に、明瞭度は背景部分に効果的である。
    • 多くの場合はテクスチャと明瞭度を同時に使うのが最善である。
  • テクスチャ調整を行う時等倍で見ることが多いと思うが、中周波数成分に対する処理を行うので少し、拡大率を少なくして確認するようにして欲しい。

テクスチャの追加によってイメージの周波数成分に着目して個別に処理することが可能になったということですね。

サンプル画像を見ると、たしかにお肌が滑らかになっていますね!!

これで、女性の方を撮影された場合は、テクスチャを激マイナス方向に設定しておけば、とても喜ばれると思います。(出来ればブラシを使って丹念にw)

ただ、以前某カメラメーカーのサロンで開催されたプロの方の風景写真展で目に見て誰でも解る位の明瞭度を追加されていた(ほぼ全ての写真に)先生もいらっしゃいましたが、それはそれで作品としては印象的になっているのかもしれませんが、このようなAdobeの技術解説を読むとネタバレ感というか、ちょっとあまり画像をイジるのも勿体無いかなぁと思いました。
せっかくのテクスチャですが、自分は程々にしてw使って見たいと思います。

こちらはAnthony Mordanti氏のYouTube動画でのLightroom 8.3 テクスチャの説明。3分58秒あたりからスキントーンの調整が説明されています。

いかがでしょうか?で早速私も試してみましたので次の記事にその内容を掲載しました

Adobe CC フォトプランが値上げ?の噂がありますが、このタイミングでこのような素晴らしい機能が搭載されるとは悩ましいですねぇ

 

人物写真補正の教科書 Photoshopレタッチ・プロの仕事

人物写真補正の教科書 Photoshopレタッチ・プロの仕事

村上 良日, 浅野 桜, 髙瀬 勝己, 内藤 タカヒコ
3,024円(05/22 16:18時点)
発売日: 2017/03/14
Amazonの情報を掲載しています
プロフェッショナルワークショップ Lightroom Classic CC対応版

プロフェッショナルワークショップ Lightroom Classic CC対応版

吉田 浩章
3,024円(05/22 05:31時点)
発売日: 2018/06/08
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

One thought on “アドビ #Lightroom 8.3 で搭載されたTextureスライダーがポートレートで便利そう

コメントを残す