スポンサードリンク

マップカメラ「平成」最後 2019年4月の新品ランキングトップ10でSONYがトップ3の快挙!

Pocket
LINEで送る

マップカメラさんが、平成最後となる4月の販売ランキングを公開されています。

新品のトップ10ランキングでSONYの3機種がトップを独占するいう結果となっています。

記念すべき「平成」最後 2019年4月の新品ランキング 1・2・3位を独占するという快挙を成し遂げたSONY。
Via : マップカメラ https://news.mapcamera.com/maptimes.php?itemid=32267

 

  • 1位はSONY α6400
    • 発売から2か月ほど経過してからの1位獲得は少し意外。
    • 「フルサイズ機に搭載されている高性能のAF機能が、そのままα6400の小型ボディに搭載されている」点が高評価。
    • お子様の一瞬の表情も逃さないとファミリー層にも評判。
  • 2位はSONY α7III。
  • 3位はSONY Cyber-shot DSC-RX0M2。
    • この手のカメラが上位に入るのもかなり異例。
    • アウトドアカメラマンの購買欲に一気に火をつけた。
  • 4位にNikon Z6、6位にCanon EOS R、10位にCanon EOS RP
    • ここにきて評価も安定。
  • 前回断トツの首位だったRICOH GRIIIは、今回8位。
    • 品薄状態が続いてしまったための結果。

 

カメラ好きの方が集う(^^;マップカメラさんでα6400がトップというのが面白いです。
また、初代RM0はそれほど話題にならなかったのですが、RX0M2がここまで売れているというのも興味深いです。
更にα9も当初それほど売れていなかったと思いますが、ファームアップの結果、EOS RPより売れるようになったのも凄いです。

SONYはフルサイズミラーレス(α1桁)にしても、APS-Cミラーレス(α3桁)にしても、コンパクトカメラ(RX)にしても、確実に売れるような新機種に育て上げることが出来るマーケッティング力&技術力を持っているのがこのランキングの結果として現れているのかもしれませんね。

一方で気になるのは、EOS R/RPよりもNikon Z6が売れていることです。
Canonの方はキャッシュバックなどキャンペーンを実施しているのですが、Nikon Z6の方が人気になっているのはマップカメラさんだからということでしょうかね?

 

1位 SONY α6400

 

 

2位 SONY α7III

 

 

3位 SONY Cyber-Shot DSC RX0M2

 

 

4位 Nikon Z6

 

 

5位 FUJIFILM X-T30

 

 

6位 EOS R

 

 

7位 Canon IXY 200

 

 

8位 RICOH GR III

 

 

9位 SONY α9

 

 

10位 Canon EOS RP

 

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

One thought on “マップカメラ「平成」最後 2019年4月の新品ランキングトップ10でSONYがトップ3の快挙!

コメントを残す