スポンサードリンク

SPレンズ40周年 タムロンが3本のフルサイズ対応レンズを開発発表

Pocket
LINEで送る

TAMRONがCP+2019で展示される、フルサイズ一眼レフに対応するズームレンズと単焦点レンズ、フルサイズミラーレスに対応する広角ズームレンズを開発発表しました。

“35mm判フルサイズデジタル一眼レフカメラ対応のズームレンズ「35-150mm F/2.8-4 Di VC OSD (Model A043)」(以下Model A043)、単焦点レンズ「SP 35mm F/1.4 Di USD (Model F045)」(以下Model F045)ならびに35mmフルサイズミラーレス一眼カメラ(以下、フルサイズミラーレス一眼カメラ)対応のソニーEマウント用大口径超広角ズームレンズ「17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)」(以下、Model A046)の開発を発表いたします。”
Via ‘ [CP+2019参考出品] フルサイズデジタル一眼レフカメラ対応レンズ2機種とフルサイズミラーレス一眼カメラ対応レンズ1機種を開発 | 株式会社タムロン (https://www.tamron.co.jp/news/press_release/20190220.html)

 

35-150mm F/2.8-4 Di VC OSD (Model A043)

  • 中望遠の85mmを中心に人物撮影で最適とされる焦点距離を幅広くカバー。
  • 最短撮影距離はズーム全域で0.45mと、室内でも取り回しが良い。
  • 特殊硝材LD (Low Dispersion: 異常低分散)レンズと非球面レンズを採用。
  • 「デュアルMPU」の搭載。

SP 35mm F/1.4 Di USD (Model F045)

  • SPレンズシリーズは、今年で40周年。
  • タムロンの最高技術を結集して開発されたのが、Model F045。
  • 交換レンズの基本ともいえるこのオーソドックスな単焦点レンズに、これまでに培った光学技術のすべてを注ぎ込んだ。

17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)

  • 大口径超広角ズームクラスとしては驚きのフィルター径φ67mm。
  • ワイド端での最短撮影距離は0.19m。
  • AF駆動ステッピングモーターユニット「RXD (Rapid eXtra-silent stepping Drive)」を搭載し動画撮影にも適している。

今後2強のカメラメーカーさんはフルサイズミラーレスに注力しており、一眼レフ用レンズの開発も少なくなるのかと思いますが、2本の新レンズはそんなユーザ側に立つと数少ない新製品ということで、逆に注目を集めるのかもしれませんね。
その35mmレンズはSPレンズ40周年のTAMRONの技術を集結したレンズということですので、その描写はどのようなものなのでしょうか?楽しみです。

一方で、フルサイズミラーレス各社の大口径ズームレンズはどれも巨大で重いものばかりですので、17-28F2.8のコンパクトさが際立ちそうです。

いずれも正式発表が楽しみなレンズばかりですね!!

 

 

 

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

2 thoughts on “SPレンズ40周年 タムロンが3本のフルサイズ対応レンズを開発発表

コメントを残す