スポンサードリンク

本格的な映像制作ニーズにこたえる 第4世代ミラーレス フジフイルム X-T30発表

Pocket
LINEで送る

FUJIFILMもバレンタインデーに新ミラーレス一眼のX-T30を発表しました。
キャッチフレーズは、「高精細かつ滑らかな4K動画をハイレゾリューション音質で記録し、本格的な映像制作ニーズにこたえる。」ということで、X-T20に対し動画性能と音質を強化したことでより上級機になったようですね。

発売日は2019年3月下旬 ということです。

プレスリリース

「X-T30」は、383gの小型軽量ボディに最新の2610万画素「X-Trans™ CMOS 4」(*2)センサーと高速画像処理エンジン「X-Processor 4」を搭載し、究極の高画質を実現します。さらに、撮影範囲全域を高精度に捉えるAF性能 と、30コマ/秒の高速・静音連写性能により、幅広いシーンで決定的瞬間を逃しません。また、階調表現豊かな「ETERNA」など、独自の色再現技術による「フィルムシミュレーション」を用いた4K/30P動画撮影が可能。高精細かつ滑らかな4K動画をハイレゾリューション音質で記録し、本格的な映像制作ニーズにこたえます。
Via : ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T30」新発売 : ニュースリリース | 富士フイルム

FUJIFILM XT-30
FUJIFILM XT-30

プロモーションビデオ

製品情報ページ

FUJIFILM X-T30
FUJIFILM X-T30

主なスペック

  • イメージセンサー
    • APS-C X-Trans™ CMOS 4 有効画素数 2610万
    • 位相差AF 216万画素 AFエリアは画面全体(約100%)
  • X-Processor 4
    • 最高感度 ISO 51200
  • EVF
    • 約236万ドット、倍率0.62倍
    • 100fps
    • 表示タイムラグ 0.005秒
  • 液晶モニター
    • 3.0型チルト式 タッチパネル
    • TFTカラー 約104万ドット
  • 連写
    • 最速8.0コマ/秒 メカニカルシャッター
    • 最速30コマ/秒 電子シャッター ブラックアウトフリー
  • 顔検出/瞳AF
  • 動画
    • 4K/30P動画、ハイレゾデジタル音声
    • DCIフォーマット(17:9)撮影に対応
    • 4K×フィルムシミュレーション
    • F-Log記録
    • 4:2:2 10bit HDMI出力
  • ø2.5mmステレオミニジャック
  • 8方向レバー
  • USB Type-C
  • Wi-Fi Bluetooth
  • バッテリー NP-W126S 約380枚
  • 本体外形寸法 [幅]118.4mm×[高さ]82.8mm×[奥行き]46.8mm(最薄部31.9mm)
  • 撮影時質量 約383g 本体質量 約333g

サンプルイメージギャラリー

各メディアの記事

富士フイルム株式会社は、ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T30」を3月下旬に発売する。価格はオープン。
Via : 富士フイルム、新イメージセンサー/画像処理エンジンの「X-T30」 – デジカメ Watch

Xマウントを採用した「Xシリーズ」の最新モデル。APS-Cサイズで有効約2,610万画素の「X-Trans CMOS 4」センサーと、画像処理エンジン「X-Processor 4」を搭載。像面位相差AFエリアを画面全域(約100%)に拡大し、AFアルゴリズムも見直した。電子シャッターで1,660万画素(1.25倍クロップ)相当のフレーム内を、最速30コマ/秒で高速・静音連写できる。人物の顔・瞳の検出精度が向上し、複数の顔を検出したときに任意の顔を選んで優先的にフォーカスする「顔セレクト」機能も搭載した。また、動画撮影時も顔検出/瞳AF追従が行なえる。
Via : DCI 4Kやハイレゾ収録対応、11万円を切るミラーレス機「FUJIFILM X-T30」 – AV Watch

最新のAPS-Cサイズ2610万画素X-Trans CMOS 4センサーと高速画像処理エンジンX-Processor 4を搭載。高精度なAF性能と30コマ/秒(電子シャッター設定時)の高速・静音連写性能を備える。また、4K/30fps動画撮影に加えてオーディオは高音質録音(LPCMステレオ:2ch/24bit/48KHzサンプリング)に対応し、映像制作にも活用できるようにしている。
Via : ASCII.jp:富士フイルム、小型軽量ボディと高速連写・4K動画を実現した「FUJIFILM X-T30」 発表

富士フイルムは、ミラーレスデジタルカメラ「Xシリーズ」の最新モデルとして、「FUJIFILM X-T30」を3月下旬より発売する。価格はオープンだが、ボディ単体で109,500円前後、15-45mmレンズキットが124,500円前後、18-55mmレンズキットが159,500円前後での実売が予想される。
Via : 富士フイルム、最新センサー搭載で動画撮影性能も高めたミラーレスカメラ「X-T30」 – PHILE WEB

従来の「X-Trans CMOS III」では、拡張感度であったISO160を常用感度として使用可能。日中の屋外での撮影や明るいレンズでのボケを生かした撮影などで威力を発揮するという。
Via : 383gの小型・軽量ボディ–富士フイルム、ミラーレスカメラ「FUJIFILM X-T30」 – CNET Japan

上位機種の「X-T3」と同じ第4世代の撮像素子「X-Trans CMOS 4」と画像エンジン「X-processor 4」を搭載しており、画質的にはX-T3とほぼ同様。また、全画面約100%をカバーした高速・高精度な位相差AF、最速30コマ/秒のブラックアウトフリー連写、アドバンストSRオートなど、機能面でもほぼほぼX-T3。言うなれば「リトルX-T3」です。
Via : これはまさに「リトルX-T3」。富士フイルムから「X-T30」が出るぞ! | ギズモード・ジャパン

最新のAPS-Cサイズ2610万画素X-Trans CMOS 4センサーと高速画像処理エンジンX-Processor 4を搭載。高精度なAF性能と30コマ/秒(電子シャッター設定時)の高速・静音連写性能を備える。また、4K/30fps動画撮影に加えてオーディオは高音質録音(LPCMステレオ:2ch/24bit/48KHzサンプリング)に対応し、映像制作にも活用できるようにしている。
Via : ASCII.jp:富士フイルム、小型軽量ボディと高速連写・4K動画を実現した「FUJIFILM X-T30」 発表

機能面では、独自の技術で多彩な色調を実現する「フィルムシミュレーション」に動画撮影に適した「ETERNA」を追加。「フィルムシミュレーション」の「モノクロ」と「ACROS」では、暖色系・寒色系の調整が可能な「モノクロ調整」機能も使用できる。
Via : 価格.com – 富士フイルム、2610万画素の新センサーを搭載した「FUJIFILM X-T30」

FujiGuysのビデオ

DPreview

YouTuberのKai氏のファーストルックビデオ

B&Hの動画

TheCameraStoreの動画

Wex Photo Video

bigheadtaco氏の動画

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

re
Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

One thought on “本格的な映像制作ニーズにこたえる 第4世代ミラーレス フジフイルム X-T30発表

コメントを残す