スポンサードリンク

ライカ/パナソニック/シグマが L-Mountアライアンスを締結「まさにこれはゲームチェンジャーになります」

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Panasonic が新フルサイズ LUMIX S1R/S1を発表しましたが、同時にLeica/SIGMAとの3社によるL-Mountアライアンスも発表されました。

L-Mount allianceの紹介動画も早速アップされています。

 

そしてLマウントアライアンスのWebページ l-mount.com も公開されました。

L-Mount alliance
L-Mount alliance

 

Leica はすでにSLシリーズのフルサイズミラーレスとLマウントレンズを発売中。
Panasonicは今回の発表でボディとレンズの開発を表明しました。
そして注目はSIGMAですが、このような戦略発表を行っています。

  1.  2019年中にフルサイズ FOVEONセンサーのLマウントカメラを製造する
  2. 今後SAマウントのカメラを出すことは無い
  3. SAマウントレンズの開発と発表は今後も行う
  4. 2019年内にSA-L及びEF-Lマウントアダプターをリリースする
  5. 2019年内に最初のLマウントレンズをリリースする
    • まず、既存レンズのLマウント判を作る
    • Lマウント専用レンズの開発も行っている
  6. 2019年内にLマウント交換サービスを開始する

SIGMAはこれまでSONY Eマウントに積極的に製品開発を行っていましたが、ここに来てLeicaのマウントに参加したのは驚きました。

一方でLeica SLが発表された時、個人的にはSONYのミラーレスのようなモノを作った程度m(_._)mにしか意識していなかったのですが、アライアンスまで広がるとは想像もしていませんでした。

いずれも魅力的な3社の協業によってLマウントもメジャーな存在になるかもしれませんね。

その確証となるのがPRONEWS様に掲載されているSIGMA山木社長のコメント。

山木和人氏:カメラのデジタル化とミラーレス化の進展にともない、お客様のニーズも各メーカーが採用するシステムも多様化しています。現在、ユーザーには多くの選択肢があるものの、拡張性と可能性の点で真にユーザーニーズを満たすシステムはまだないように思います。
SIGMAは、このアライアンスによって、ショートフランジバックによるメリットを活かせるミラーレスカメラを開発します。革新的な製品開発を続けるSIGMAは、この協業により、カメラシステムの完成度と拡張性を高め、さらなるユーザーメリットを提供できるものと確信しています。
ライカは100年以上にわたって写真文化に貢献し続けている素晴らしい企業です。
またパナソニックは、様々な分野で信頼性の高い技術により開発を続ける業界のリーダーです。SIGMAのユニークで高性能・高品質の製品とともに、このLマウントシステムはユーザーにとって非常に魅力的なシステムになるでしょう。
Via : [photokina2018]ライカ、パナソニック、シグマの三社が戦略的協業「Lマウントアライアンス」を発表 – PRONEWS

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク



Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す