スポンサードリンク

シグマがSAマウントユーザーに対するメッセージを公開

Pocket
LINEで送る

SIGMAが公式HPで、“SAマウントカメラ・レンズをご愛用の皆さまへ”というメッセージを公開しました。

Photokina 2018(ドイツ・ケルン)において、ライカカメラ社、パナソニック株式会社との協業およびLマウントシステムへの参入について正式に発表いたしました。 この発表に合わせ、当社が考える今後のSIGMA製レンズ交換式カメラと交換レンズの方向性について、これまでSAマウントシステムをご愛用くださった皆様へご案内させていただきます。
Via : お知らせ | 最新情報 | SIGMA GLOBAL VISION

  • Lマウント採用の理由
    • 勝手と製品性能をより高いレベルで両立するためには、システムに最適な新しいマウントの採用が必要不可欠。
    • 当初は新規開発も考えていたが、ライカカメラ社が持つLマウントが最も理想的であるとの結論に至った。
    • メーカーの垣根を超えた、最も拡張性のある撮影システムを実現、提供できる。
    • 「これからのあるべきカメラシステムとは何か」を真摯に考え、検討に検討を重ねた結果、新システム採用至った。
  • SAマウントレンズについて
    • 今後発表される一眼レフ用交換レンズにおいては、当面はSAマウントを継続して開発・製造・販売する。
    • 現在Lマウントカメラと並行して、SAマウントをLマウントに変換する専用のマウントコンバーターを開発している。
    • 新しいシステムに移行した後もSAマウントのレンズ資産はこれまでと変わらず最大限に活かしていただけることが第一義。
  • SIGMAの理念
    • カメラ開発を自社の理念と理想を体現する事業として情熱を注いで取り組んで来た。
    • 次世代のカメラを皆さまと一緒につくっていく気持ちで製品開発に臨む。

これまで一眼レフカメラからミラーレスカメラに移行した各社は、旧システムを将来も保証すると言いながらもいつの間にかディスコンにしたり、事実上開発に注力しなくなっていたりという結果的にその場しのぎの説明だったと思います。

対する今回のSIGMAのメッセージは愛用して来たユーザーに対しメーカーの姿勢と理念を明確に示されているのが素晴らしいと思います。

私もsd QuattroHとSAマウントを愛用していますが、このメッセージを読んでSIGMAを選択して良かったと思いました。

Lマウントフルサイズミラーレスカメラが本当に楽しみです。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す