スポンサードリンク

【CP+2017レポート】リコーイメージングはペンタックスKP推し (更新)

Pocket
LINEで送る

PENTAXのブースは、KPをメインにして、K-1そしてK-70というハンズオン、また645Zという3種類のフォーマットを持つ世界唯一の一眼レフメーカーということですね。
CP+2017

そして、今回PENTAXで最も注目したいのは、K-1のフルサイズフォーマットに対応する大口径標準レンズD FA★500mm F1.4の開発展示。
CP+2017

ただ、上から覗いて見るとレンズエレメントは無く、前玉部分にはダミーの樹脂カバーが入っているだけで、鏡筒のみをアピールしている状態でした。

CP+2017

最近の50mmレンズは最高の解像度と素晴らしいボケ味を両立するような、大型のレンズが各社から発表されていますが、ペンタックスも独自開発した伝統のFA★レンズとしてリリースされるのは、ファンにとって堪らない製品となりそうですね。

そしてAPS-Cの方もKPをデビューさせましたが今回は限定で無いシルバーボディがちょっとクラシックで良い感じですね。

CP+2017

KPのスケルトン展示。
CP+2017

そしてカットモデルの展示。
大型のペンタプリズムが入っているのを見ると、流石一眼レフという感じです。
CP+2017

SRIIのデモ展示

645Zを用いたフィルムデュプリケーターもペンタックス独自の製品ですね。

CP+2017

そしてRICOHブースでは人気のTHEATAと奥の方にはGRIIも展示されていました。
CP+2017

ペンタックスのブースは他社の大手メーカーのような華やかさは無いですが、ペンタックスしか作れない製品を堅実にアピールされている印象でした。

 

RICOH デジタルカメラ RICOH THETA S 360°全天球カメラ 910720

RICOH デジタルカメラ RICOH THETA S 360°全天球カメラ 910720

27,200円(10/18 03:28時点)
Amazonの情報を掲載しています
リコーイメージング PENTAX K-1 完全ガイド (インプレスムック DCM MOOK)

リコーイメージング PENTAX K-1 完全ガイド (インプレスムック DCM MOOK)

吉村 和敏, 大山 顕, 洲﨑 秀憲, 中西 敏貴, 横木安良夫, 大和田 良, 小林 哲朗, 茂手木 秀行, HARUKI, 萩原 史郎, 佐々木 啓太, 桃井 一至, 岡嶋 和幸, 伊達 淳一
2,200円(10/18 03:28時点)
発売日: 2016/04/28
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す