スポンサードリンク

今度は東芝 #FlashAir に #Eyefi が合体するなんて、、、、

Pocket
LINEで送る

東芝の公式サイトに、同社の無線LAN内蔵SDカード、FlasAir に、何とEyefiの機能が搭載されるというリリースが掲載されました。

米国アイファイ社が開発した「Eyefi Connected」機能を搭載することを決定しました。アイファイ社と締結した技術ライセンス契約に基づくもので、16年度中にEyefi Connected機能を搭載した「FlashAir™」の製品化を予定しています。
Via : 次世代「FlashAir™」へのEyefi Connected機能の搭載について | 東芝 ストレージ&デバイスソリューション社

新「FlashAir™」カードの発売を予定

  • 16年度中にEyefi Connected機能を搭載した「FlashAir™」の製品化を予定
  • Eyefi Connected機能は、カメラからSDメモリカードを制御することが可能
  • 無線通信と連動したカメラの電源制御が可能で、データ転送中の電源停止を防ぐことができる
  • キヤノンやニコン、ソニーなどの10社以上300機種以上のデジタルカメラで対応

「Eyefi Mobi」アプリの対応

  • 8月下旬には、iOS、Android™、OS X、Windows® 端末向けアプリ「Eyefi Mobi」が更新される
  • Class10対応の「FlashAir™」と、アプリをインストールした端末との通信が可能になる
  • 写真の自動転送や「Eyefiクラウド」サービスへの自動バックアップなどの機能を使用出来るようになる

私個人的には元々EyeFiユーザーだったのですが、FlashAirに乗り換えた矢先の発表となりました(^^;

FlashAirを購入することになった顛末記事

ということで、私が購入したFlashAirはClass10対応モデルですので、冒頭のリリースに記述されているように、iPhoneの「Eyefi Mobi」アプリと連携することが出来そうです。

またEyeFiクラウドが使えるようになるのかもしれません、有料ですが、、、、

ということで、いったん決別した筈のEyeFiライフが再び急接近となってしまうのは何かのくされ縁なのでしょうか?(^^;

RICOH GR(初代)のようにWi-Fiが搭載されていないモデルでは未だに需要がありますので、まぁ、今後もFlashAirとEyeFiが仲良く進化してくれるのは嬉しいですね。

ちなみに、夏休み前到着したFlashAirはGRとFlashAirは元気に活躍してきくれました。

View this post on Instagram

FUKUYAMA – GR

A post shared by You Dmaniax (@dmaniaxcom) on

 

ちなみに、新型FlashAirが出る前に購入される方は、16GBモデルなら国内正規品もそれほどお値段が変わらないのでオススメです。

また、EyeFiはお高いのですが、RAWファイル転送に対応しかつクラウド利用料1年分が含まれているPro判がオススメと思います。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す