スポンサードリンク

ニコンが360度全天球パノラマアクションカメラ「KeyMission 360」の開発を表明

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

ニコンが「2016 インターナショナル CES」の出展についてのプレスリリースで、新型アクションカメラ「KeyMission 360」を参考出品を表明しました。

ニコン初となるアクションカメラ「KeyMission 360」は、カメラの前面、後面の両方に撮像素子とNIKKORレンズをそれぞれ搭載し、360°全方位を臨場感あふれる4K UHDの高画質で録画することが可能なウェアラブルなアクションカメラです
Via : Nikon | ニュース | 報道資料:「2016 インターナショナル CES」の出展について

Nikon KeyMission 360
Nikon KeyMission 360
  • ニコン初となるウェアラブルアクションカメラ
  • カメラの前面、後面の両方に撮像素子とNIKKORレンズをそれぞれ搭載
  • 360°全方位を4K UHDの高画質で録画することが可能
  • 水深30mまで撮影できる防水性能
  • 耐衝撃、耐寒、防塵性能
  • 豊富な専用アクセサリーとともに、今春の発売を予定

個人的には本日ニコンが発表した製品で一番興味があります。
「KeyMission 360」はRICOH THETA、Kodal SP360SPのいいとこ取りしたようなカメラだと思います。
裏表の2つのレンズはTHETAと同じ方式で、これによって全天球が1台のカメラで収めることができます。
Kodak SP360 4Kは1つのレンズしか無いので、360度の範囲は写すことができますが全天球は無理です。
一方で、SP360 4Kはアクションカメラとして動画に強く、ある程度の激しいアクションに対応するように出来ている(筈)と思いますが、THETAの方は先代モデルよりは強くなっていますがアクション的な動画についてはそれほど向いているとは思えません。

またニコンは、カメラとスマートデバイスをシームレスにつなぐ「SnapBridge」アプリの表明しました。
2016年以降に発表されるニコンカメラのほぼ全機種にBluetooth®を搭載し、カメラとスマートデバイスとの常時接続を実現するということです。
ということは、この春発売されるというKeyMission 360もBluetooth®が搭載されるとすればスマホとの連携によって撮影時の位置情報の埋め込みも可能になりそうです。

ちょうど先日、キヤノンもTHETAのような360度パノラマカメラを開発中という情報がありましたので、いよいよ2大カメラメーカーも、パノラマ、ウェアラブル、コネクテッドなカメラに参入し、新しいジャンルと市場が生まれることになるかもしれませんね。

【あす楽】 ニコン COOLPIX S33BL ブルー

【あす楽】 ニコン COOLPIX S33BL ブルー
価格:11,100円(税込、送料込)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

DAYTONA デイトナKODAK PIXPRO SP360 オートバイセット

DAYTONA デイトナKODAK PIXPRO SP360 オートバイセット
価格:58,320円(税込、送料込)

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

2 thoughts on “ニコンが360度全天球パノラマアクションカメラ「KeyMission 360」の開発を表明

コメントを残す

Error: Access Token is not valid or has expired. Feed will not update.
This error message is only visible to WordPress admins

There's an issue with the Instagram Access Token that you are using. Please obtain a new Access Token on the plugin's Settings page.
If you continue to have an issue with your Access Token then please see this FAQ for more information.