スポンサードリンク

GoProが売り上げ不振で従業員の7%をレイオフ、今後の戦略は?

Pocket
LINEで送る

飛ぶ鳥を落とす勢いに見えるGoPro社ですが、従業員の7%をリストラするというニュースが出ました。

GoProの出資者たちはカメラ販売の拡大と、新たな収益プランを産み出すことを求め続けており、いまのところそれに応えられないGoProの株価が低下するという流れが続いてきている。
Via : 業績予測を下方修正してレイオフも示唆したGoPro、株価が23%の大幅下落 | TechCrunch Japan

GoPro has laid off 7 percent of its workforce, and warned investors of poor sales of the company’s action cameras. The news comes just a few weeks before GoPro is set to officially announce its fourth quarter earnings for 2015.
Via : GoPro lays off 7 percent of its staff, warns of poor sales | The Verge

7%のレイオフについて

  • GoProは全従業員(役1500人)の7%(105人ほど)のレイオフを実施する
  • 投資家に対して同社アクションカメラの販売不調を警告していた
  • 2015年最終四半期の目標$500M-$550Mに対して$435Mが結果となった
  • もともとアナリストは第四四半期の売り上げを$690Mと予測していた
  • 加えてこの2年間で50%も社員を増やしたことが負担となっている

セールス不振の要因について

  • GoPro Hero 4 Sessionは当初高い価格を付けていたことで、決して良いセールスとはならなかった。
  • 問題は効果価格の設定だけではく、GoProは2015年に話題になる製品はHero 4 Sessionの1つしかリリースしなかった
  • CEOのNick Woodman氏はその価格が高過ぎたことを認めた(その後ホリデーシーズン前にSessionを値下げしている)

今後のGoPro社の戦略について

  • リソースを新カテゴリの製品の開発に投入する必要がある
  • GoProは成長しているVRとクアッドコプターという2つの市場に対し、これから2年の間に新製品を投入するプランを持っている
  • GoPro初のドローンとなるKarmaをテスト中
  • CESでGoProは一般消費者むけの360度VRカメラの製品を開発していることをアナウンスした
  • これらの市場に参入するのは容易では無い
  • クアッドコプターマーケットにはDJIのような大リーダーが存在する
  • Nikonは独自の360度アクションカメラをCESで発表しGoProを打ち破るためのパンチを放った、また、アクションカメラを”ファミリー”として開発していることもアナウンスした

12月の初頭にHero 4 Sessionが大幅に値下げされましたが(こちら)、このような背景があったということですね。

アクションカメラは成長市場であることは確かですが、そのGoPro自身がそれを急速に拡大させたことで飽和レベルに近付くと共に、ソニー等の大手競合の参入や、更に多くの低価格な機種を作るメーカーも多数参入しているという状況ということですね。

TechCrunch が更に分析し解説する記事をアップしています

GoProが直面しているのは市場の飽和という問題だ。大勢の人々がGoP+roをすでに買っている。ただし1台だけで十分であり、さらにもう1台買うつもりはない。
Via : GoProblem―アクションカメラはタブレットと同じ道をたどるのか? | TechCrunch Japan

GoProは次の新市場へもそのブランドを定着されることが出来るのでしょうか?

【GoPro】Smatree GOPRO HERO4,HERO3,HERO3+,HERO2,S…

【GoPro】Smatree GOPRO HERO4,HERO3,HERO3+,HERO2,S…
価格:2,880円(税込、送料込)

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

ロープロ ダッシュポイント AVC 2(ブルー)

ロープロ ダッシュポイント AVC 2(ブルー)
価格:2,920円(税込、送料別)

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル