スポンサードリンク

5060万画素の「5D」キヤノン“EOS 5Ds/EOS 5Ds R”を発表!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

事前の噂やリーク情報通り、キヤノンが5000万画素超という超高解像度を実現する新EOS 5Ds、そして、更なる解像度を求めるユーザーにはローパスフィルタをキャンセルした、EOS 5s Rを発表しました。

キヤノンは、プロおよびハイアマチュアユーザー向けに、圧倒的な高解像度を実現するデジタル一眼レフカメラ“EOS 5Ds”と“EOS 5Ds R”を、2015年6月より順次発売します。

Via : キヤノン:世界最高画素数の約5,060万画素CMOSセンサーを搭載 高画素デジタル一眼レフカメラ“EOS 5Ds/EOS 5Ds R”を発売

発売は2015年6月ということですが、新5Dの登場は、フルサイズイメージセンサーの基準を変えるポイントとなるカメラと言えるかもしれませんね。

勿論CP+で展示されるということですので、楽しみですね!!

EOS 5Ds/EOS 5Ds R の特長

  • 有効画素数約5,060万画素 フルサイズCMOSセンサー
  • “EOS 5Ds R”はローパスフィルター効果をキャンセル
  • デュアルDIGIC 6
  • 最高約5コマ/秒の高速連写
  • 常用最高ISO感度6400(拡張ISO12800)
  • カメラ内部の振動ブレを低減するカム駆動方式「ミラー振動制御システム」を採用
  • 新ピクチャースタイルの「ディテール重視」
  • 「クロップ撮影」機能
  • 61点高密度レティクルAFを搭載
  • 最長2分までの動画を自動的に作成する「タイムラプス動画」機能
  • クイック設定画面に使用頻度の高い項目を表示
  • レイアウトや表示サイズを変更可能とする「クイック設定カスタマイズ」機能

EOS 5Ds製品情報ページ

EOS 5Ds R 製品情報ページ

EOS 5Ds / EOS 5Ds R 公式サンプルイメージページ

各メディアのニュースページ

かつて高画素モデルとして存在した「EOS-1Ds」にならい、EOS 5Dsは金文字の機種名バッジを採用。EOS 5Ds Rは、シルバーの文字に赤文字のRを際立たせた。Rは“Resolution”の意味。

Via : 有効5,060万画素のフルサイズ一眼レフ「EOS 5Ds」 – デジカメ Watch

画像処理エンジンはEOS 5D Mark IIIの「DIGIC 5+」から、最新の「DIGIC 6」のデュアル構成となっている。ただし、感度設定はISO 100~6400(拡張でISO 12800まで)となっており、EOS 5D Mark IIIのISO 100~25600(拡張でISO 50、ISO 51200、ISO 102400)よりは範囲が狭くなっている。

Via : ASCII.jp:LPFレスモデルも! 5000万画素超のフルサイズ一眼レフ「EOS 5Ds」

圧倒的な“超高画素”を誇る有効5060万画素のデジタル一眼レフ。従来機『5D Mark III』の2230万画素、2014年7月に発売した同じ大きさの35mmフルサイズセンサー搭載機、ニコン『D810』の3635万画素と比べても群を抜く有効画素数。

Via : 驚異の5000万画素オーバー!フルサイズ一眼『5Ds』キヤノンが発表:CP+2015 – 週アスPLUS

「5DsR」は、解像感を低下させるセンサー前の光学ローパスフィルタの効果をキャンセルする機構を搭載。約5,060万画素の解像力を余すことなく引き出すモデルと位置付けている。ただし、フィルタ効果をキャンセルした事で、偽色や色モアレは出やすくなっており、「これらを回避する観点から、光学ローパスフィルタは必要であるというキヤノンの主張に変更は無く、自力で対策ができ、解像度を優先する一部のユーザーがターゲット」だという。

Via : キヤノン、フルサイズで5,060万画素「EOS 5Ds」、エントリー2機種も – AV Watch

カメラ振動のブレ対策として、新機構の「ミラー振動制御システム」を搭載。さらに、レリーズタイムラグを意図的に大きく設定し、ミラーショックが収まってから露光開始を可能にする防振撮影機能「レリーズタイムラグ任意設定」が加わった。

Via : キヤノン、約50.6Mのフルサイズカメラ「EOS 5Ds/EOS 5Ds R」–ローパスレスも – CNET Japan

「EOS 5Ds」は、同社が設計・生産した有効約5,060万画素のフルサイズCMOSセンサーと2基のDIGIC 6を画像処理エンジンに搭載したデジタル一眼レフカメラ。有効約2,230万画素の「EOS 5D MarkIII」の派生モデルという位置付けの製品だ。EOS 5Dsの撮影データは最大8,712×5,813ドットの超高解像度となり、大判プリントや商業利用領域での活躍が想定される。

Via : キヤノン、5,060万画素「EOS 5Ds」とLPフィルター打ち消す「EOS 5Ds R」 – 夕刊アメーバニュース

キヤノンのEOS 5Dシリーズに最新型が登場しました。EOS 5Dsに搭載されるセンサーはニコンD810(有効3,709万画素)、ソニーα7R (有効3,680万画素)を軽く凌駕する有効5,060万画素。これ、毛穴の奥の奥まで写ってしまうんじゃないでしょうか。

Via : 解像度LOVEにはたまらない5,060万画素機、EOS 5Ds/5Ds R : ギズモード・ジャパン

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

One thought on “5060万画素の「5D」キヤノン“EOS 5Ds/EOS 5Ds R”を発表!

コメントを残す

Error: Access Token is not valid or has expired. Feed will not update.
This error message is only visible to WordPress admins

There's an issue with the Instagram Access Token that you are using. Please obtain a new Access Token on the plugin's Settings page.
If you continue to have an issue with your Access Token then please see this FAQ for more information.