スポンサードリンク

「革新のEOS M」キヤノン ミラーレスEOS M3はハイアマチュア層もターゲット

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

キヤノンが新型ミラーレスカメラEOS M3を発表しました。

キヤノンは、AF性能が向上し、高画質化と優れた操作性を実現したミラーレスカメラ“EOS M3”とミラーレスカメラ専用の交換レンズ“EF-M22mm F2 STM(シルバー)”を2015年3月下旬より発売します。

Via : キヤノン:「ハイブリッドCMOS AF III」を搭載しAF性能が大幅に向上 高画質と優れた操作性を実現したミラーレスカメラ“EOS M3”を発売

2420万画素、より高速なAFを搭載、グリップも大型化されたことで、これまでのEOS Mシリーズより上級者の方も含めた幅広いユーザー層をターゲットにしたカメラということです。
発売日は2015年3月下旬ですが、既にタッチ&トライも開始されています。

EOS M3概要

  • ハイアマチュア層をはじめとした幅広い写真愛好家向けのミラーレスカメラ
  • 2013年12月に発売した「EOS M2」の後継機
  • 約2,420万画素のCMOSセンサー
  • 映像エンジンDIGIC 6
  • 常用ISO感度100~12800(拡張ISO 25600)の高感度性能
  • 連写 最高約4.2コマ/秒
  • ハイブリッドCMOS AF IIIを搭載
  • 従来機種と比較してAF合焦速度が最大で約3.8倍に高速化
  • 直感的操作を可能とする電子ダイヤル
  • 独立した露出補正ダイヤル
  • 上方向に約180°、下方向に約45°可動するタッチパネル対応チルト式液晶モニター

EOS M3製品情報ページ

EOS M3 公式サンプルイメージ

各メディアのニュースページ

キヤノンは、ミラーレスカメラ「EOS M3」を3月下旬に発売する。ボディカラーはブラックとホワイト。

Via : キヤノン、ミラーレス最新モデル「EOS M3」 – デジカメ Watch

ミラーレス一眼「EOS M」シリーズを展開するキヤノンが、オートフォーカス性能や操作性を高めた新モデル「EOS M3」を発表した。主に入門者をターゲットにしていた「EOS M」「EOS M2」に寄せられていた意見を反映し、撮影性能を重視する写真ファンをターゲットにした高性能モデルに仕上げた。製品のラインアップや実勢価格は以下の通り。発売は3月下旬の予定。

Via : 【CP+】キヤノンが高性能ミラーレス「EOS M3」、操作性を向上してEVFにも対応 日経トレンディネット

カメラを気軽に持ち出したいと考えている一眼レフユーザーや、レンズ交換がしたいデジタル一眼初心者をターゲットとしたモデル。新たに2,420万画素のAPS-Cのセンサーを搭載。高画素ながら、常用感度はISO 100~12800(拡張時25600)を前モデルから踏襲。ノイズを抑えた高感度撮影もできるという。

Via : キヤノン、AF 3.8倍高速化、2,420万画素でEVF装着も可能なミラーレス「EOS M3」 – AV Watch

本機は2013年12月に発売された「EOS M2」の後継機種で、約2,420万画素のCMOSセンサーと同社最新の映像エンジン DIGIC 6を搭載。解像感の高い画質と最高約4.2コマ/秒の連写性能を両立したとしている。常用ISO感度100~12800(拡張ISO25600)の高感度性能も備える。

Via : キヤノン、AF性能を向上させたミラーレス一眼「EOS M3」 – Phile-web

EOS M3は、2,420万画素のAPS-Cサイズセンサーと画像処理エンジン「DIGIC 6」を搭載したプレミアムなミラーレスカメラ。一眼レフカメラに慣れ親しんだユーザーを第1のターゲット層として開発した製品だ。

Via : キヤノン、上級ミラーレスカメラ「EOS M3」 – AFを3.8倍高速化 | マイナビニュース

2420万画素のAPS-CセンサとDIGIC 6を搭載。「ハイブリッドCMOS AF III」により、M2と比較して約3.8倍、初代のM1から比較すると約6.1倍のAFスピードを実現したという。常用感度はISO 100-12800(拡張時25600)。

Via : キヤノン、ミラーレスカメラ「EOS M3」–AFは約3.8倍高速化、外付けEVFにも対応 – CNET Japan

センサーサイズは従来と同じAPS-Cサイズだが、解像度は従来の1800万画素から2420万画素に向上。画像処理エンジンには最新の「DIGIC 6」を採用するなど、基本スペックを刷新。動画撮影ではMP4記録が可能となった。

Via : ASCII.jp:AFが3.8倍速くなったミラーレス一眼「EOS M3」

センサー上にAF用の画素を配置することで像面位相差AFを行うハイブリッドCMOS AFを刷新。水平方向のAF画素密度を増加させることでAF速度を高速化し、サーボAFの追従性となめらかさを向上させたほか、像面位相差AFだけで高速に合焦させることも可能です。

Via : キヤノンEOS M3発表。像面位相差AF強化で合焦速度3.8倍、専用EVFも用意 – Engadget Japanese

AF性能が向上し、高画質化とすぐれた操作性を実現したミラーレス一眼カメラ。ライブビュー撮影および動画撮影時のAFが「ハイブリッドCMOS AF III」に進化し、撮影シーンによっては位相差AFのみでの合焦が可能。従来機種と比較してAF合焦速度が最大で約3.8倍に高速化。また、チルト式液晶モニターやタッチシャッターとの組み合わせにより、より簡単に狙った被写体への素早いピント合わせを実現した。

Via : 価格.com – キヤノン、AF性能が向上した2420万画素のミラーレス一眼「EOS M3」

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す

Error: Access Token is not valid or has expired. Feed will not update.
This error message is only visible to WordPress admins

There's an issue with the Instagram Access Token that you are using. Please obtain a new Access Token on the plugin's Settings page.
If you continue to have an issue with your Access Token then please see this FAQ for more information.