スポンサードリンク

タムロン『SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD(Model A012)』開発発表

Pocket
LINEで送る

TAMRONがフルサイズフォーマットに対応する超広角大口径ズームレンズSP 15-30mm f/2.8 Di VC USDの開発発表を行いました。

XGM(eXpanded Glass Molded Aspherical:大口径ガラスモールド両面非球面)レンズやLD(Low Dispersion:異常低分散)レンズを前群に適切に配置する事で、高い描写性能を実現。 eBANDコーティングと、超広角ズームレンズに合わせて最適化した新BBARコートの採用で、広角特有のフレアー、ゴーストを軽減する事に成功しました。

Via : TAMRON|ニュース|フルサイズ対応超広角大口径F/2.8では世界初、手ブレ補正機構「VC」を搭載した大口径超広角ズームレンズを開発発表『SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD(Model A012)』

「フォトキナ2014」でサンプルが展示されるということです。

  • レンズ構成 13群18枚
  • XGM(eXpanded Glass Molded Aspherical:大口径ガラスモールド両面非球面)レンズを前群に配置
  • 複数枚のLD(Low Dispersion:異常低分散)レンズ
  • 世界初大口径超広角ズームレンズに手ブレ補正機構「VC(Vibration Compensation)」を搭載
  • 新BBARコート
  • eBANDコーティング
  • 最前面のレンズにタムロン初の防汚コート搭載
  • 9枚の絞り羽根による円形絞りを採用
  • 超音波モーター「USD」を採用
  • フルタイムマニュアル機構搭載
  • SILKYPIX Developer Studio for Tamron タムロンSPレンズ専用版を付属

世界初という手ブレ補正付きの大口径広角レンズということで、これは楽しみなレンズ、年内に正式発表されると良いですね!

■各メディアの記事

タムロンは9月12日、35mmフルサイズ対応のデジタル一眼レフカメラ用超広角レンズ「SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD」(Model A012)を開発したと発表した。発売時期と価格は未定。9月16日からドイツで開催される「フォトキナ2014」で展示する。

Via : タムロン、フルサイズ超広角ズーム「SP 15-30mm F/2.8 VC」 – デジカメ Watch

タムロンは、同社独自の手ブレ補正機構「VC(Vibration Compensation)」を搭載したフルサイズ対応の超広角ズームレンズ「SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD(Model A012)」の開発を発表した。

Via : タムロン、35mmフルサイズ対応・F2.8&手ブレ補正の超広角ズーム SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD 開発発表 〈アサヒカメラ〉|dot.ドット 朝日新聞出版

焦点距離は15~30mmで、レンズ構成は13群18枚。XGM(eXpanded Glass Molded Aspherical)レンズを前群に配置し、LD(LowDispersion:異常低分散)レンズ複数枚を適切に位置に置くことで、歪曲収差や倍率色収差などを抑制する。

Via : タムロン、フルサイズ対応の超広角ズーム「SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD」 – 夕刊アメーバニュース

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

2 thoughts on “タムロン『SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD(Model A012)』開発発表

コメントを残す