スポンサードリンク

富士フイルム銀塩チェキの販売台数がデジカメを超えた(東洋経済オンライン)

Pocket
LINEで送る

これまで、富士フイルムの銀塩インスタントカメラ“チェキ”instax miniの人気が拡大しているというニュースがありましたが、なんと、とうとうフジのデジタルカメラの販売台数を越えてしまったということです。

カメラと言えば、いまやデジタルが当たり前。ところが、あるメーカーではそのフィルムカメラの販売台数がデジカメを越える逆転現象が起きている。そのメーカーとは、コンパクトデジカメで世界シェア5位の中堅メーカー、富士フイルムだ。

Via : チェキの販売台数、ついにデジカメを逆転へ | 企業戦略 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

  • 富士フイルムのデジタルカメラ販売台数
    • 2013年のコンパクトデジカメの世界総出荷台数が前年比4割減
    • 2013年度デジカメ販売台数はコンパクトとミラーレスをあわせて515万台(前期比47%減)
    • 2014年度のデジカメの販売台数は220万台の計画、前期比57%減見込
  • チェキの販売台数
    • 2008年度の40万台
    • 2013年度は230万台
    • 2014年度の販売計画は300万台
  • 2007年に韓国のテレビドラマで小道具として使用
  • 2010年には中国で女性タレントがSNS上で紹介
  • アジア圏から火がついたチェキの人気は、今や欧米市場にも拡がりつつある
  • 2~3年後には500万台の販売台数を目指している
  • 関連商品も増加
  • 富士フイルムにとってはデジカメの採算が悪化する中思わぬ救世主。

銀塩カメラの生き残る道、どころか、デジタルカメラメーカーの生き残る道としても、チェキが受け入れられたというのは面白いですね!
やはり女子高生からの新世代の方のパワーは凄いです;;;^^)

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

3 thoughts on “富士フイルム銀塩チェキの販売台数がデジカメを超えた(東洋経済オンライン)

コメントを残す