スポンサードリンク

JVCケンウッドがマイクロフォーサーズに賛同

Pocket
LINEで送る

JVCケンウッドのニュースリリース「NAB 2014」JVCブースのご案内で、マイクロフォーサーズへの参入を発表しました。

4K Super35mmイメージセンサーを搭載し、新たに採用したマイクロフォーサーズマウントによるフレキシブルなレンズ交換型のカメラヘッドと、大型液晶モニターを内蔵した、“4K対応レコーダー/プレーヤー分離型カメラレコーダー”を参考出品します。

Via : 2014年 | ニュースリリース | 株式会社JVCケンウッド

NABショーでは、Super35mmセンサーで、マイクロフォーサーズマウントの4Kハンドヘルドカムコーダーを展示するということです。

オリンパスのニュースリリースで“もマイクロフォーサーズシステム規格にJVCケンウッドが新たに賛同”を発表しました。

株式会社JVCケンウッド(本社 :神奈川県横浜市、代表取締役社長:江口祥一郎)が本規格に賛同し、今後これに準拠した製品の開発を進めることをお知らせします。

Via : オリンパス ニュースリリース: マイクロフォーサーズシステム規格にJVCケンウッドが新たに賛同

本日、海外でソニーが4Kに対応するフルサイズEマウントミラーレス一眼“α7s”を発表しましたが、ボディ内SDカードへの4K記録には対応しませんでした。

逆にJVCの4KカムコーダーGY-HMQ10では、4枚のSDメモリカードを使い、1枚あたりFullHD相当の映像を記録する方法で対応しています。

その代わり、私もこのカムコーダ使ったことあるのですが、編集時に4枚のデータから4Kに纏める時に一手間必要なこと、また、4枚のSDメモリカードの管理が大変、などのデメリットがありましたが、それほど高速でも無いSDメモリカードで十分使えたのが印象的でした。

JVCはポータブルな4Kカムコーダの先駆者ですのが、マイクロフォーサーズマウントでの4Kカムコーダの正式発表が楽しみですね!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す