スポンサードリンク -

REDの新Dragonセンサーは20段以上のダイナミックレンジ(thephoblographer)

Pocket
LINEで送る

RED Digital Cinema CameraのプレジデントであるJarred Land氏がREDUser Forumに、次期Dragonイメージセンサーについて投稿したようです。

RED has been talking about their upcoming Dragon sensor for a while; often claiming that their sensor is capable of achieving 20 stops of dynamic range. Last night in the REDUser Forum, J

Via : RED’s Dragon Sensor Lives Up to Hype of 20 Stops of Dynamic Range

下のイメージはその新Dragonセンサーを用い6k/80フレームというとんでも無いレートで撮影した21段の特殊グレースケールチャートで、実際にこれを見るモニタの性能次第では(^^;、21段分(周辺の黒も含めて)全て階調が記録されているということです。

Don’t look at image quality here… this is a dirty debayer with no black calibration, no offset correction and no processing on a special 21 stop DR Chart from DSC.

Via : Enter the Dragon

このチャートイメージは、仮のレンズマウントによる試作機で、黒キャリブレーションもされていない未完成なディベイヤー処理で出力された状態で、ということですが、もうすぐ実機でのクリーンなイメージを公開するそうです。

ちなみにDxO Mark センサースコアリストでダイナミックレンジのトップがNikon D800の14.4EVですから20段以上というダイナミックレンジがいかに素晴らしいかが判りますね。

前のエントリでは“Motion image photography”によって、「あとからシャッターチャンス」の動きをご紹介しましたが、Dragonのような広いダイナミックレンジを持つセンサーが実用化されると「あとから露出」も現実的になるかもしれません。

そしてLytoroや東芝の新センサーのように「あとからピント」も実現しようとしていますので、近い将来、写真と動画はこれまでの撮影方法とはまったく異なる方法が取られているかもしれませんね。

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

REDの新Dragonセンサーは20段以上のダイナミックレンジ(thephoblographer)」への1件のフィードバック

コメントを残す