スポンサードリンク

KODAKイメージセンサービジネスを売却へ(Photo Rumors)

Pocket
LINEで送る

コダックの経営難についてニュースが流れていますが、とうとうイメージセンサーソリューション(ISS)部門が売却されるようです。

ROCHESTER, N.Y., November 07 – Eastman Kodak Company (NYSE:EK) announced today that it has completed the sale of its Image Sensor Solutions (ISS) business to Platinum Equity in a move that will sharpen Kodak’s operational focus and strengthen its financial position.

Via : Kodak sold its image sensor business | Photo Rumors

売却先はM&A、事業再生をビジネスにするPlatinum Equity: Mergers, Acquisitions, and Operations.
売却によってコダックは事業を集中し財務体質を強化するということです。

今後、銀塩フィルム部門がどうなるのか?ちょっと心配ですね。。。。

世界初のデジタルカメラを開発したコダックのSteve Sassonさんの功績を称える動画・・・・

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

2 thoughts on “KODAKイメージセンサービジネスを売却へ(Photo Rumors)

  • 2011年11月9日 at 7:53 AM
    Permalink

    ライカのセンサーがどうなってしまうのか気になります。
    ソニーかキヤノンか?はたまたシグマやフジだったりして?
    いまのところフルサイズのミラーレス機といえばM9くらいなのでセンサーが変わると画質にもかなり影響がありそうですね。
    他のローパスのセンサーはGXR MOUNT A12くらいしか知りませんがやはり特注?
    フルサイズセンサーにコンパクトなレンズでありながら周辺画質が犠牲になってないM9。
    新型センサーになったらM10?

    Reply
    • 2011年11月11日 at 1:48 AM
      Permalink

      コダックはまず最も価値があるセンサー部門を売ることによりキャッシュを獲得したと思われます。
      なので、コダックのセンサーも今後も事業を継続と拡大して欲しいですね。
      リコーもフジもおそらくソニーベースのカスタマイズ品のようなので、同様にソニーベースフルサイズセンサーを使ったライカ次期モデルも見てみたいような(買えないけどw)

      Reply

コメントを残す