スポンサードリンク

21世紀の新銀塩一眼レフカメラ “Reflex” プロジェクトがKickstarterで公開!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

先月はじめに謎の新型銀塩一眼レフカメラ“Reflex”の登場を予告していましたが、先日Kickstarterでその全貌が明らかになりました。

 

 

 

 

特徴

  • オープンソース開発を可能にするモジュール方式のプラットフォーム
  •  I-Plateによるマウント交換式
    • M42m Nikon F, Olympus OM. Canon FD , Pentax PKマウントに対応
  • I-Backによって日光下でも容易なフィルム交換を実現
  • LEDライト及びフラッシュを内蔵
  • Bluetoothによるスマートフォン接続機能及びRefrexアプリを予定
    • セッティング及びフィルム装填の記録をスマホに転送
  • フロントシャッターボタン

主なスペック

  • 形式 一眼レフカメラ
  • フォーマット 135 film, 35mm/フルサイズフォーマット
  • システム Reflex RM
  • レンズマウント: Reflex I-Plate ( M42, Nikon F, Canon FD, Olympus OM, Pentax PKに対応)
  • マニュアルフォーカス
  • フィルムローディング I-Back
  • フィルム送り及び巻き戻しは手動
  • 露出 絞り優先
  • 被写界深度プレビュー機能
  • ビューファインダー 倍率X0.86 視野率約90% ガラス製ペンタプリズム
  • シャッタースピード 1s – 1/4000th, バルブ, フラッシュシンク 1/125th
  • 測光 アベレージ、スポット、露出補正4段
  • ISO: 25-6400
  • モジュラーデザイン
  • Arduinoベースの電子コントロール
  • Bluetooth (BLE) 対応
  • ボディ マグネシウム合金
  • 質量 490g
  • サイズ 134mm x 74.5mm x 34mm
  • 5vリチウムイオンバッテリー搭載、USB-Cによる充電

Kickstarterで350ポンド投資すると、標準のM42マウントのボディが支給。
I-Plate は1つ35ポンド、I-Bakcは1つ65ポンド。

 

21世紀の銀塩一眼レフということで、I-PlateやI-Backのコンセプトが面白いですね!

この構造であれば、デジタル化も予感出来ますが、それは野暮ということでしょうか;;^^)

であれば、デジタルバックのプロジェクト”I’m Back”とジョイントすれば更に面白そうです(^^;


Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

One thought on “21世紀の新銀塩一眼レフカメラ “Reflex” プロジェクトがKickstarterで公開!

コメントを残す