スポンサードリンク

21世紀の新銀塩一眼レフカメラ “Reflex” プロジェクトがKickstarterで公開!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

先月はじめに謎の新型銀塩一眼レフカメラ“Reflex”の登場を予告していましたが、先日Kickstarterでその全貌が明らかになりました。

 

 

 

 

特徴

  • オープンソース開発を可能にするモジュール方式のプラットフォーム
  •  I-Plateによるマウント交換式
    • M42m Nikon F, Olympus OM. Canon FD , Pentax PKマウントに対応
  • I-Backによって日光下でも容易なフィルム交換を実現
  • LEDライト及びフラッシュを内蔵
  • Bluetoothによるスマートフォン接続機能及びRefrexアプリを予定
    • セッティング及びフィルム装填の記録をスマホに転送
  • フロントシャッターボタン

主なスペック

  • 形式 一眼レフカメラ
  • フォーマット 135 film, 35mm/フルサイズフォーマット
  • システム Reflex RM
  • レンズマウント: Reflex I-Plate ( M42, Nikon F, Canon FD, Olympus OM, Pentax PKに対応)
  • マニュアルフォーカス
  • フィルムローディング I-Back
  • フィルム送り及び巻き戻しは手動
  • 露出 絞り優先
  • 被写界深度プレビュー機能
  • ビューファインダー 倍率X0.86 視野率約90% ガラス製ペンタプリズム
  • シャッタースピード 1s – 1/4000th, バルブ, フラッシュシンク 1/125th
  • 測光 アベレージ、スポット、露出補正4段
  • ISO: 25-6400
  • モジュラーデザイン
  • Arduinoベースの電子コントロール
  • Bluetooth (BLE) 対応
  • ボディ マグネシウム合金
  • 質量 490g
  • サイズ 134mm x 74.5mm x 34mm
  • 5vリチウムイオンバッテリー搭載、USB-Cによる充電

Kickstarterで350ポンド投資すると、標準のM42マウントのボディが支給。
I-Plate は1つ35ポンド、I-Bakcは1つ65ポンド。

 

21世紀の銀塩一眼レフということで、I-PlateやI-Backのコンセプトが面白いですね!

この構造であれば、デジタル化も予感出来ますが、それは野暮ということでしょうか;;^^)

であれば、デジタルバックのプロジェクト”I’m Back”とジョイントすれば更に面白そうです(^^;


Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

One thought on “21世紀の新銀塩一眼レフカメラ “Reflex” プロジェクトがKickstarterで公開!

コメントを残す

Error: Access Token is not valid or has expired. Feed will not update.
This error message is only visible to WordPress admins

There's an issue with the Instagram Access Token that you are using. Please obtain a new Access Token on the plugin's Settings page.
If you continue to have an issue with your Access Token then please see this FAQ for more information.