スポンサードリンク

キヤノンPowerShot GシリーズにAPS-Cセンサーの可能もある?(エンジニアの嗜み)

Pocket
LINEで送る

エンジニアの嗜み様が Canon 15-75mm F2-5.6レンズの特許出願解説記事を掲載されています。

キヤノンがAPS-Cに対応する15-75mm F2-5.6の特許を出願中です。 次のPowerShotはAPS-Cかもしれませんね。
Via : Canon 15-75mm F2-5.6(APS-C)の特許:エンジニアの嗜み:So-netブログ

このレンズはおそらくコンパクトデジタルカメラ用ということですのでPowerShot G1X Mark IIの後継カメラにはAPS-Cセンサーが搭載されることになるのでしょうか?

Canon PowerShot G1X Mark IIは1.5型センサーを採用していますが、キヤノンの製品情報ページにAPS-Cセンサーとの大きさ比較が掲載されています。

CANON PowerShot G1 X Mark Ⅱ
CANON PowerShot G1 X Mark Ⅱ

そしてG1X Mark IIは換算12.-62.5mm F2.0-F3.9(換算24-120mm)のレンズが搭載されています。
今回の特許がAPS-Cセンサーとなると、換算24-120mm F2-5.6のレンズとなりちょうどG1X Mark IIと同じ焦点領域をカバーするレンズということになりそうですね。

また少し前に、キヤノンが9月のphotokinaで新PowerShot Gシリーズを発表するという情報が流れましたが、その時はG1X Mark IIノーマーク(^^;でした。
しかしG1X Mk2の発売が2014年3月でしたので十分モデルチェンジの可能性もあります。

もしこれがPowerShot G1X Mark IIIとして出るのなら、現行と同じサイズのカメラになるのであれば、魅力的だと思います。

ところでアマゾンでG1X Mark IIかなりお買い得なお値段になっています。APS-Cで高くなる前に(^^;

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す