スポンサードリンク

キヤノンが連続可変可能な湾曲センサーの特許を出願

Pocket
LINEで送る

エンジニアの嗜み様によればCanonから長辺方向のみが曲率した湾曲センサーの特許を出願されているということです。

キヤノンが長辺方向のみを曲げ変形可能とする湾曲センサーの特許を出願中です。
Via : Canon 長辺方向のみが曲率した湾曲センサーの特許:エンジニアの嗜み:So-netブログ

その特許情報を検索してみました。

  • 撮像素子の撮像面の曲率を可変制御する技術
  • コンパクトデジタルカメラに大型イメージセンサを搭載する場合、レンズを小型化しようとした場合光線入射角が大きくなってしまう
  • レンズ収差を補正するために、撮像面を湾曲させた構造の撮像素子が提案されている
  • 撮像素子の撮像面の曲率がレンズの像面収差に応じて設定されており、ズーミング時にテレ側とワイド側の間で曲率を可変制御する撮像装置が提案されている
  • 曲率を可変制御するためには、例えば負圧が用いられる
  • 内部のガスを吸引し、気圧(負圧)を制御することにより曲率を可変制御するように構成されている

ということで、大型センサーを搭載するコンパクトデジタルカメラを想定した特許のようで、もしかしたらG1X Mark IIの後継モデルに搭載されるかも?しれませんね。

ただ、密閉されたガスの吸引によって生じる気圧差によってセンサーの曲率を変化されるということは、高地に行くと逆に膨らんじゃうとか、低レベルの心配をしているのは私だけでしょうか?;;^^)

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す