スポンサードリンク

マップカメラがオリジナルMマウントレンズ「REIROAL M35mm F1.4」発売!宮崎貞安氏設計!

Pocket
LINEで送る

Map Cameraと宮崎製品として知られるMS-Optics社の共同で企画製作したライカMマウント用レンズ「REIROAL M35mm F1.4 MC プラチナクローム(玲瓏)」が発売されます。

Map CameraとMS-Opticsの共同で企画製作したライカMマウント用レンズ「REIROAL M35mm F1.4 MC プラチナクローム(玲瓏)」を11月初旬に発売する。価格は税込14万3,800円。

Via : マップカメラ企画のライカM用レンズ「REIROAL M35mm F1.4」 – デジカメ Watch

REIROAL M35mm F1.4 MC プラチナクロームは、マップカメラ初のオリジナルレンズ。ライカのSummilux 35mm F1.4 1stモデルに近い構造を採用しており、絞り値によって大きく変わる描写が特徴だ。宮沢賢治の詩「青森挽歌」に登場する「玲瓏レンズ」という一節が名前の由来となっている。

Via : マップカメラ初のオリジナルレンズ – ライカM用「REIROAL 35mm/F1.4」 | マイナビニュース

  • 宮崎貞安氏設計 ライカのズミルックス35mm F1.4 1stモデルの構造をベース
    • ズミルックス35mmほどは暴れない上品な写り
    • 「残留収差こそレンズの味、その収差をいかに美しく整えるか」という点に重きを置くレンズ
    • 設計の大半を手動に切り替えて作成
  • 4群6枚のガウスタイプ
  • 全8面マルチコート
  • 絞り羽根は12枚(円形絞り)。
  • 最短撮影距離は0.85m。距離計連動外であれば0.5m
  • 職人が1つ1つ丁寧に削り出したアルミ鏡筒
  • 塗装はレンズの塗装としては珍しい『プラチナクロームメッキ』
  • フィルター径は39mm、ネジピッチ0.5mmの逆ねじ込み式。
  • レンズの長さは23mm(マウント面から)。重量は90g(フード、キャップ装着時110g)
  • 所有欲を満たす、特別な化粧箱
  • 価格は税込14万3,800円。

伝説とも言える宮崎氏のMS-Opticsによる職人手作りの製品、更に、ライカのズミルックス相当のF1.4という大口径というレンズにしては、その価格は納得以上に、格安とも言えるのでは無いでしょうか?

Leica Mシリーズカメラの方はもちろん、Mマウントレンズと相性の良いミラーレスフルサイズ機としてSONY α7シリーズのユーザーの方も是非手に入れておいた方が良いレンズかもしれませんね。

個人的には、レンズ構成がクラシックながら、マルチコートというのもポイントです。

ご購入はこちら→《新品》 MapCamera × MS-Optics (マップカメラ×エムエスオプティックス) REIROAL M35mm F1.4 MC…

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す