スポンサードリンク

LEICA MやBlackmagicにセンサーを供給するCMOSIS社がフルサイズ7000万画素センサーを準備(photorumors)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

ライカ初の2400万画素CMOSセンサーを採用したLEICA M、そして、先日NABショーで話題になったBlackmagic Design社の4Kシネマカメラが採用しているのは、CMOSIS社のイメージセンサーということです。

CMOSIS, the sensor supplier for the new Leica M, could also be the sensor manufacturer for the just announced Blackmagic 4k camera according to EOSHD:

Via : CMOSIS offers 70MP full frame sensor, could be the sensor supplier for the Blackmagic 4k camera | Photo Rumors

そして、CMOSIS社のWebサイトの製品ページにはフルサイズ7000万画素のCMOSセンサー「CHR70M」が発表されているということです。

もしこのセンサーを採用するカメラが出現するのなら、フルサイズ機のゲームチェンジャーになるかもしれませんね。

国産で出来るとすれば、、、、、そういえばペンタックスのフルサイズ一眼レフ開発中という噂もありましたので、過去サムスン製センサーを採用した実績を再び;;;;^^)

ただいずれのメーカーがこのセンサーを採用するにしても、7000万画素に対応するレンズの開発は急務になりそうですねー

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

One thought on “LEICA MやBlackmagicにセンサーを供給するCMOSIS社がフルサイズ7000万画素センサーを準備(photorumors)

コメントを残す