スポンサードリンク

ニコン D5200のイメージセンサーは東芝製(chipworks)

Pocket
LINEで送る

chipworksがNikon D5200を分解し、イメージセンサーの製造元を分析しています。

そこで判明したのは、D5200の2410万画素APS-C CMOSセンサーは何と東芝製らしいということです。

Toshiba has publicly announced its strategy to aggressively pursue the mobile imaging space, with a target of 30% market share by 2015. So we know it is backing image sensor technology within its semiconductor group.  However, it has not broadly promoted interest in the APS-C space, and we were pleasantly surprised to see this disruptive event. We’ve typically found Nikon to use either its own APS-C designs (devices fab’d by Renesas) or Sony sensors.  Adding Toshiba in to the mix makes for quite the assortment of silicon vendors used by Nikon.

Via : Inside the Nikon D5200 DSLR – Toshiba found! | Recent Teardowns

Nikonrumorの記事

過去の分析によれば、ニコンはソニー製センサー、Aptina社製センサー、そして、自社ロゴのセンサーを機種によって使い分けました。

今回最も大きなサプライズとしては、兄弟機種として同じ2400万画素センサーを使っていると考えられていたNikon D3200が、Nikon社ロゴ入りの“Nikon NIK-22803_00738”という型番センサーだったのにたいして、D5200は表面上?は異なる型番のセンサーが使われているということですね。

ちなみにこちらは、東芝 セミコンダクター&ストレージ社のHP

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

One thought on “ニコン D5200のイメージセンサーは東芝製(chipworks)

コメントを残す