スポンサードリンク

ニコン D5200のイメージセンサーは東芝製(chipworks)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

chipworksがNikon D5200を分解し、イメージセンサーの製造元を分析しています。

そこで判明したのは、D5200の2410万画素APS-C CMOSセンサーは何と東芝製らしいということです。

Toshiba has publicly announced its strategy to aggressively pursue the mobile imaging space, with a target of 30% market share by 2015. So we know it is backing image sensor technology within its semiconductor group.  However, it has not broadly promoted interest in the APS-C space, and we were pleasantly surprised to see this disruptive event. We’ve typically found Nikon to use either its own APS-C designs (devices fab’d by Renesas) or Sony sensors.  Adding Toshiba in to the mix makes for quite the assortment of silicon vendors used by Nikon.

Via : Inside the Nikon D5200 DSLR – Toshiba found! | Recent Teardowns

Nikonrumorの記事

過去の分析によれば、ニコンはソニー製センサー、Aptina社製センサー、そして、自社ロゴのセンサーを機種によって使い分けました。

今回最も大きなサプライズとしては、兄弟機種として同じ2400万画素センサーを使っていると考えられていたNikon D3200が、Nikon社ロゴ入りの“Nikon NIK-22803_00738”という型番センサーだったのにたいして、D5200は表面上?は異なる型番のセンサーが使われているということですね。

ちなみにこちらは、東芝 セミコンダクター&ストレージ社のHP

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

One thought on “ニコン D5200のイメージセンサーは東芝製(chipworks)

コメントを残す

Error: Access Token is not valid or has expired. Feed will not update.
This error message is only visible to WordPress admins

There's an issue with the Instagram Access Token that you are using. Please obtain a new Access Token on the plugin's Settings page.
If you continue to have an issue with your Access Token then please see this FAQ for more information.