YOUのデジタルマニアックス

カメラや写真の気になるニュースや話題をポストします

スポンサードリンク -
#Canon

キヤノン RF 200-500mm F4L IS USM は EOS R1の発表に向けて年末から来年初旬に登場か?(CR)

Pocket
LINEで送る

CanonRumorsがRF 200-500mm F4L IS USMレンズに関する情報を更新しました。今回は発売時期とテレコンについての情報のようです。

  • Canon EF 500mm F4L IS USM II はRFマウントではズームレンズとなる。我々は RF 200-500mm F4L IS USM がCanon EOS R1の発表に向けて今年のQ4または2024年Q1に出ることを確認した。
  • Canon RF 200-500mm F4L IS USM はテレコンバーター内蔵とはならない。
  • だが、心配することは無い。 Canon RF 100-300mm F2.8L IS USM およびRF 200-500mm F4L IS USMの両方に対応可能な優れたテレコンバーターソリューションが登場することになる。
  • Canonはこれらのレンズを出来るだけ軽量にしたいと考えている。テレコン内蔵の設計にすると重量もサイズも大きくなる。

これまでの情報ではRF 200-500 F4Lはテレコン内蔵のズームレンズになるという噂でした。

今回は、テレコン内蔵では無いということが確認出来たということで、軽量で小型になるというメリットが書かれています。

200mm-500mmでスポーツやモータースポーツに必要な望遠をカバー出来るとすれば、テレコン内蔵にして大型化するよりもメリットがあるということかもしれませんね。

そしてテレコン内蔵のレンズは価格もお高いので、非搭載となると価格についてもユーザーにメリットがあるかもしれませんね。

そしてこのレンズはEOS R1の発表に向けて準備されるということですので、今年末から来年にかけていよいよCanonはRFマウントの最高の超望遠レンズと、最高のミラーレスフラッグシップ機が登場ということになりそうですね!!

楽しみですね!

Canon (キャノン) EOS R3 カメラボディ

Canon (キャノン) EOS R3 カメラボディ

705,200円(04/13 21:26時点)
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す

Amazon プライム対象