スポンサードリンク -

キヤノンは来年前半にRFマウント35mm、24mm、28mmの大口径Lレンズを発表する?(CR)

Pocket
LINEで送る

CanonRumorsがCanonの次に発表するLレンズに関する情報を掲載しました。

  • Canon RF 35mm F1.2L USM (又はF1.4)については永遠に噂されているのではと思う。
    • ただ、これまでのEF 24-70mm F2.8L II やEF 100-400mm F4.5-5.6L IS USM IIについても長い間噂になった後に実際に発表され市場に投入された経緯もある。
  • 今回実際にCanonが2023年前半に3本のRFマウントL広角単焦点レンズの発表を計画しているということが伝えられて来た。
    • そのうちの1本がRF 35mm F1.2L(又はF1.4)
    • そして次がRF 24mm F1.4L USM
    • 3番目のレンズは現時点で不明であるが 28mmのL単焦点レンズであるという噂が聞こえて来た。
      • この噂が真実であることを真剣に望んでいる。
  • このような噂について気にしたいのは、多くのフォトグラファーが1本以上のレンズを同時に購入することはあまり考えていないということだろう。
    • これらのレンズが同時に発表されることで顧客は自分の撮影スタイルに妥協することなく適合するものを選ぶことが出来るようになるとも言えるが、本来は望んでいないことなのかもしれない。

ということでCanonRumorsの文面を見ると、Canonは2023年の前半に3本のL単焦点広角レンズを発表するようですが、一気に発表されるのか何回かに分けて発表することになるかは未だ判らないということですね。

まぁユーザーの方は広角単焦点レンズそして特に大口径レンズで、24mm、28mm、35mmを一気に揃えるというより、ズームレンズに加えて自分の得意な単焦点大口径レンズを追加するという感じなのかとも思います。
なのでいずれにしても出来るだけ早く発表して欲しいのではとも思います。

で先日はSONYの方は、16-35mmズームのGMレンズが発表されるという噂が流れました。

ということで、来年の前半はSONYとCanonの広角ハイエンドレンズが話題になりそうですね!

楽しみですね!

Canon (キャノン) RF レンズ 15~35mm F値2.8 L IS USM

Canon (キャノン) RF レンズ 15~35mm F値2.8 L IS USM

311,849円(02/04 19:33時点)
Amazonの情報を掲載しています
Canon (キャノン) RF14-35mm F4 L IS USM レンズ

Canon (キャノン) RF14-35mm F4 L IS USM レンズ

285,782円(02/05 04:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
Canon RF35mm F1.8 IS Macro STM レンズ、ブラック

Canon RF35mm F1.8 IS Macro STM レンズ、ブラック

78,000円(02/04 19:33時点)
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す