スポンサードリンク -

キヤノン EOS R1は2024年まで登場しない?その前にEOS R100?そしてEOS R5Sの順番?(CR)

Pocket
LINEで送る

CanonRumorsがCanonの次期フラッグシップカメラとなるEOS R1に関する現状の情報整理を行なっています。

  • RFシステムのフラッグシップカメラとなるCanon EOS R1の開発状況に関してはあまり情報が無い。
    • 現状の噂の殆どは、ある程どの真実を含んでいるのかもしれないが、多くは未確認の情報や伝聞によるものである可能性が高い。
  • これまで無名だったNewCameraのレポートが最近Webに出回っている。
    • Canon EOS R1が8500万画素以上のイメージセンサー、メカニカルシャッターによる24コマ/秒のRAW連写、およびダイナミックレンジの大幅な拡張があることを主張している。
    • これらは素晴らしいスペックであることは間違い無いが、この話はCanonの研究室屋会議室から外に出ることは無い話題である。
  • 先週良い情報源と連絡が取れ、フランスのパリで開催される2024年夏季大会までCanon EOS R1が日の目を見ることは無いだろうと語っていた。
    • この場合、Canonは競技が始まる数ヶ月前にカメラについて語ることが出来るようになることが予測出来る。
  • ただフラッグシップ製品が、大きな収益をもたらすことは無いと考えられる。
    • よって現時点においてCanonはより大量に生産される製品を投入することに注力してくると考えられるだろう。
    • フルサイズのEOS Rシステムのローエンドさえ遺品は、今後6〜12ヶ月以内に投入する必要があるだろう。
  • RFレンズのラインナップにも対応すべき大きな穴が存在している。
  • またCanon EOS R5S がEOS R1よりもかなり前に発表されても驚くことは無いだろう。
  • 我々ギアオタクは最高のことを実現できるものついて話すことが大好きであるが、それは業界全体にとって良い事象では無い。

前回の噂は、まずはフルサイズ入門機のEOS R100が、そして、高画素機のEOS R5Sが登場することになるということでした。

ということで、Canon EOS R1についてはパリ・オリンピックがターゲットになるとすれば、それまでに実現出来る最高の性能を目指す筈ということで納得ですね。

そして、現状フラッグシップでなくても現在の最新ミラーレスカメラは殆どのシーンの撮影をカバーすることができますので、もし本当にフラッグシップカメラが必要だとすれば、オリンピック大会でということになるのかもしれませんね。

その結果2024年のオリンピック大会でも白/黒レンズのシェア争いという話題で再び盛り上がることになると思われますので楽しみですね!

ふたつのオリンピック 東京1964/2020

ふたつのオリンピック 東京1964/2020

ロバート・ホワイティング
2,640円(11/28 04:50時点)
Amazonの情報を掲載しています

” search=”東京2020オリンピック SIDE:A/SIDE:B [Blu-ray]”]

オリンピックを殺す日

オリンピックを殺す日

堂場 瞬一
1,980円(11/28 04:50時点)
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す