スポンサードリンク -

キヤノンの新製品発表予測まとめ。次はEOS R100?R1は?R5Sは?35mm F1.2Lは?(CR)

Pocket
LINEで送る

CanonRumorsがCanon EOS R6 Mark IIと、RF 135mm に続く次の新ボディと新レンズの予測まとめ記事を掲載しました。

With the announcement of the Canon EOS R6 Mark II and Canon RF 135mm f/1.8L IS USMout of the way, we can look forward to what Canon has planned next for the EOS R lineup.

Via : CR – Another announcement cycle is out of the way,

EOS R システムの予測

Canon EOS R100

  • Canonから次に発表されるカメラはおそらくEOS R100になるのではと予測している。
    • Canon EOS Mシステムの外観を有したRFマウントのカメラになるだろう。
  • 仮にCanonがEOS Mから移行するのであれば、外観デザインも変更する必要があるのだ。
    • Canon EOS R10では小型ミラーレスカメラの需要に応えることは出来ない。

Canon EOS R1

  • この6ヶ月でCanon EOS R1についてはさほど多くのことは語られていない。
    • よって実質的に2023年内は何も期待出来ることは無いだろう。

Canon EOS R5S

  • 1億画素の高画素機は多くのフォトグラファーが非常に気にしていることだろう。
  • もしこのカメラが出とすれば、2023年内になることを予測している。

Canon EOS R7C

  • 確定事項は全く感知が、シネマカメラAPS-Cユーザーに向けとして2023年にこのようなバージョンのカメラが発表される事になるだろう。
  • Canon EOS R5Cは顧客高評価を受けていることから、CanonはCモデルを更に作る事になるだろう。

RF レンズの予測

  • RFレンズのラインナップは撮影者の望むものを拡充していてサプライズというものは無いように思える。下記のリストが我々のロードマップ予測だ。(ただ開放値については異っている可能性もある)
    • Canon TS-R 14mm F4L
    • Canon TS-R 24mm F3.5L
    • Canon RF 10-24mm F4L USM
    • Canon RF 18-45mm F4-5.6 IS STM
    • Canon RF 35mm F1.2L USM
    • Canon RF 500mm F4L IS USM
  • 但し、この6本のレンズのうちRF 18-45mm f/4-5.6 IS STM がおそらく可能性が最も低いかもしれない。
  • チルトシフトレンズはAFが搭載されているということが長い間噂になっているが、EOS R5Sと共に歓迎される事になるだろう。
  • 広角Lズームレンズも必要になるのは明らかだ。よって我々はRF10-24mm F4Lも2023年に発表されると考えている。
  • EOS 5RS(引用元はEOS 5DS)ボディと共にでるユニコーンレンズの噂があるが、それはRF 35mm F1.2Lだ。
    • 我々は更に広角のL単焦点レンズがCanonから出て来ることを期待している。
    • 現時点ではRF 35mm F1.2Lがいつ発表されるのかについては感知していない。
      • 多くの発表に関する噂がこれまでも流れては消えている(ことも考慮すべきだ。)
  • RF 24mm F1.4Lレンズもいつか出ることを期待している。
    • 個人的な期待としては28mm F1.4Lも期待したい。
  • Canonは更に白レンズのラインナップも必要であり、300mmと500mmを予測している。
    • もしRF 300mm F2.8L IS 1.4x が出る事になれば大ヒット間違い無しだ。
  • 我々のこのロードマップに掲載されていない他のレンズが登場する可能性もある。
  • 明日は、他のCanon製品についても触れて行きたいと考えている。

いかがでしょうか?

ボディについて、次はやはりEOS MシステムのRマウントへの移行という流れになるのかもしれませんね。
個人的には、RFマウントでコンパクトなEOS R100が出るのであれば、普段使いのカメラとしてかなり期待したいです。

レンズについて、手堅くユーザーの要望に沿って拡充するということです。特にチルトシフトレンズについてはCanonの強みですのでRマウントでも可必ず出て来そうですね。

そして1億画素のEOS R5Sが出る時もそのポテンシャルを更に活かす為にアピールするユニコーンレンズも絶対必要そうですね!

Canonの次の発表が楽しみですね!

HAKUBA ドライボックスNEO 5.5L スモーク KMC-39

HAKUBA ドライボックスNEO 5.5L スモーク KMC-39

1,582円(12/07 02:10時点)
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す