スポンサードリンク -

ソニーα7RVの一部スペックがリーク新AIディープラーニングAFプロセッサが搭載されている(SAR)

Pocket
LINEで送る

SonyAlphaRumorsがSONY α7RVの一部のスペック情報を確認したということで公開しています。

So what I am sharing today are specs that have been triple confirmed. And more A7rV specs will be shared the coming days once I get confirmation from other sources.

Via: SAR – LEAKED: Sony A7rV specs show it has “reinvented”
  • 信頼できる情報源からα7RVに関する情報が送られて来た。
    • 今回はスペックに関する情報で3重にチェックされたものだ。他の情報源からも確認が取れ次第今後共有する予定である。
  • α7RVスペック情報
    • これまでと同じ 6100万画素センサー( 全ての開発は新プロセッサーに向けられている)
    • AIディープラーニングを備えた完全に新しいオートフォーカスシステム
    • 8k 24p (クロップ)
    • 4k60p 4k24p (全画素読み出し)
    • S cinetoneが利用可能
    • 8段分のボディ側手ブレ補正(「ネイティブ」か「ジャイロデータ」かはまだ不明)
    • ボディ外観はα7SIIIとα7IVのミックスのように見える。
  • 新 AI オートフォーカス システムについて
    • 新しいAFシステムは、物体認識と人間の姿勢推定を処理する新型AIプロセスユニットが搭載されている。
    • これは人間、動物、鳥に加えて、まったく新しい方法で、車、電車、飛行機、昆虫などを認識出来ることから、次世代のスポーツカメラのヒントにもなります。。

SonyAlphaRumorsではこの記事のサブジェクトにと“reinvented”(再発明)いうタイトルをつけています。

つまり、これまでのAFとは全く異なる次元でのAF性能を実現しているということなのでしょうかね。

リーク情報では、昆虫や人間の姿勢までディープラーニングするということですので、おそらく更に多くの被写体を認識して最適なAFを行うシステムということですね。

更に注目なのは、その処理プロセッサーを備えているということですね。これが専用のLSIなのかソフトウェアになるのかは不明ですが、是非その内容を知りたいものです。

α7RVではイメージセンサーはこれまでと同じものということですが、単に高解像度を実現したα7Rシリーズでは無く、世界最高のAFシステムを真っ先に搭載する実験的モデルという位置付けもあるのかもしれません。

そしてもしそれがこれまでに体験できなかったレベルのAFを実現していたとすると、更にα1 MarkIIなどにも展開される筈ですのでソニーは更に最強のフルサイズミラーレスメーカーのポジションをキープすることになりそうですね。(他社も負けていないとは思いますが)

楽しみです!

ソニー フルサイズミラーレスカメラ ILCE-1 black

ソニー フルサイズミラーレスカメラ ILCE-1 black

808,500円(12/06 13:55時点)
Amazonの情報を掲載しています
ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α9M2 ボディ ILCE-9M2

ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α9M2 ボディ ILCE-9M2

482,241円(12/06 17:23時点)
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す