スポンサードリンク -

ドイツキヤノンがVILTROX社のRFマウントレンズの特許権と意匠権の侵害を訴える事態に(PhotoRumors)

Pocket
LINEで送る

VILTROXブランドでRFマウントのAFレンズを発表していましたが、これがCanonからストップが掛かったようです。PhotoRumorsが報じています。

  • これまでCanonはViltrox がRFマウントレンズの販売を中止に至ったというお知らせについて公式声明は出していなかった。
  • ドイツのサイトPhotografix Magazin は独Canonからサードパーティのレンズが自社の特許権と意匠権を侵害しているという初の公式声明を公開した。
    • SHENZHEN JUEYING TECHNOLOGY CO.LTD, はViltorox というブランド名でCanon RFマウントのAFレンズを製造している。
    • Canonはこれらの製品が自社の特許権と意匠権を侵害していると判断し、知的財産権を侵害する全ての活動を停止するように同社に要請した。

ということです。

PhotoRumorsは、7月28日にViltroxがRFマウント製品の販売を中止する事態に至っていることを報じています。

サードパーティレンズメーカーに、カメラボディを製造するメーカーが訴えを起こすという事例は日本でもありましたが、ミラーレスカメラでは日本のレンズメーカーは慎重に対応を行っているように思えました。

が、いきなり海外でRFマウントのオートフォーカスレンズが発売されたのですからちょっと違和感がありましたがやはりCanonからは訴えられる事態になったということですね。

最近は、FUJIFILM Xマウント、Nikon Zマウントがサードパーティーに門戸を開ける方針になっているようですが、Canon RFマウントは未だそれは考えられていないようですが、それ以前に特許権を侵害する製品であれば当然だめということですね。

今後どうなるのでしょうか、、、

ちなみにこちらはMFレンズなので大丈夫なのかな?

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す