スポンサードリンク -

The SEVEN. キヤノンがRFマウントハイエンドモデルAPS-CミラーレスカメラEOS R7を発表!

Pocket
LINEで送る

これまでの噂通りCanon がRFマウントのハイエンドAPS-C ミラーレスカメラEOS R7を発表しました。

発売日は6月下旬ということです。

また、入門APS-Cミラーレス機のEOS R10も同時発表しております。

TwitterでCanonマーケッティングジャパンが発表

EOS R7とEOS R10が同時発表されました。

https://twitter.com/canon_mj/status/1528956462047064064?s=21&t=TCR0AKXq201NB0MtOBc4WQ

プレスリリース

キヤノンは、RFマウントを採用する「EOS Rシステム」のAPS-Cハイエンドモデルカメラとして、新開発の有効画素数最大約3250万画素APS-CサイズCMOSセンサー搭載のミラーレスカメラ“EOS R7”を2022年6月下旬に発売します。

Via – Canon EOS RシステムのAPS-Cハイエンドモデル“EOS R7”を発売

プロモーションビデオ

Canon USAのプロモーション動画

Canon Asia

なんと日本語でのプロモーションビデオになっています。

縦位置動画が流行りのようですね。

Canon EUROPE のプロモーション動画(EOS R10も紹介sれています)

製品情報ページ

  • 新開発 3250万画素 APS-Cセンサー
  • DIGIC X
  • 常用最高ISO32000
  • デュアルピクセルCMOS AF II
    • 最大5915ポジションのAFフレーム選択可能
    • AFエリア最大約100%×縦:最大約100%を実現
    • 低輝度合焦限界EV-5
    • F22 光束対応AF
    • EOS iTR AF X
  • メカシャッター 15コマ/秒
    • 耐久は20万回
  • 電子シャッター30コマ/秒
    • RAWバーストモード搭載
    • 0.5秒前からのプリ撮影が可能
  • メカシャッター/電子先幕 1/8000秒
  • 電子シャッター 最高1/16000秒
  • 約8段の手ブレ補正効果
    • レンズISとボディISを協調動作
    • 自動水平補正
  • 静止画
    • HDR PQ (静止画)
    • 10bir HEIF
    • HEIF→JPEG変換可能
    • カメラ内RAW現像
  • 動画
    • 最大6時間の連続撮影が可能
    • 動画位置情報の追加が可能
    • 4K UHD 59.94fps / 4K UHD fine 29.97fps / 4K UHD クロップ 59.94fps
    • 7Kオーバーサンプリング 4K
    • Canon Log 3(10bit)対応
    • 4Kフレーム切り出し
    • 10倍デジタルズーム
    • カメラ内にノイズキャンセル用のマイクを搭載
    • HDMI 4K / 59.94fps 出力対応
    • 温度上昇による制限
      • 4K fine 29.97fps 60分以内
      • 4K crop 59.94fps 60分以内
      • FullHD 29.97fps 無制限
  • サブ電子ダイアルにマルチコントローラーを融合
  • フォーカスモードスイッチ搭載
  • EVF
    • 236万ドットOLED
    • 119.8fps
  • モニター
    • バリアングル
    • 3.0型 3:2 162万ドット液晶パネル
  • マルチアクセサリーシュー搭載
    • 電源供給可能
    • スマートフォンリンクアダプタ AD-P1対応
    • GPSレシーバーGP-E2に対応
  • デュアルカードSDスロット
  • USB Type-C
    • SuperSpeed Plus USB(USB 3 .2 Gen 2)
  • HDMI TypeD
  • 3.5mmマイク入力
  • 3.5mmヘッドホン端子
  • Wi-FI IEEE 802.11b/g/n
  • Bluetooth Specification Version 4.2準拠(Bluetooth low energy )
  • LP-E6NHバッテリー
  • マグネシウム合金シャーシ
    • 防塵・防滴ボディ
  • 大きさ 約132.0(幅)×90.4(高さ)×91.7(奥行)mm
  • 質量約612g(バッテリー、カードを含む)/約530g(本体のみ)
  • バッテリー撮影枚数
    • ファインダー[なめらかさ優先]設定時
      • 約380枚(ファインダー撮影時)
      • 約660枚(モニター撮影時)
    • ファインダー[省電力優先]設定時
      • 約500枚(ファインダー撮影時)
      • 約770枚(モニター撮影時)

ということで、CanonのハイエンドAPS-Cミラレスカメラということで、マジックナンバーの7をアピールしていますね。
ということでEOS R7は当然EOS 7D Mark IIの正式な後継機と言うことで、最高の連写性能と最新のAF技術を搭載するまさにハイエンドカメラという印象です。

個人的には細いことですが10bit HEFI記録も可能になったことで、連写時にどうしても高画質やレタッチ耐性を求めたい方にはかなり有利なのではと思います。

また動画についてもしっかり作られていて、定評あるデュアルピクセルAFですのでビデオフォトグラファーの方々にもかなりコストパフォーマンスが高い選択になるかと思います。

そして流石Canonと感じたのは、サブ電子ダイヤルに新いアイデアを入れて来たことですね。
これによってまさに親指だけで、多くの操作が瞬時に可能になるということで、7Dの後継機にふさわしい進化だと感じました。

で、問題の価格ですがデジカメWatch様の記事によれば、ボディが19.8万円、レンズキットが24.6万円強ということですので、他社のマイクロフォーサーズやAPS-Cのハイエンドカメラに対しても十分価格的には対抗できるハイエンドカメラとしてかなりの人気になりそうですね!

キヤノンは、RFマウントのAPS-Cミラーレス「EOS R7」を6月下旬に発売する。価格はオープン。キヤノンオンラインショップでの販売価格はボディ単体が税込19万7,780円、18-150mmレンズキットが税込24万6,180円。

Via : デジカメWatch – キヤノン、約3,250万画素・AF連写15コマ/秒のAPS-C

ちょっと心配なのでEOS R3の供給がままならないのに、こんな大人気になりそうなカメラを出して大丈夫なのかということですが、Canon様のことなのでこの時期に発表するということは十分見込んでいらっしゃると思います。

発売が楽しみですね!

各メディアの記事

キヤノンは、EOS Rシリーズ初のAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載し、新開発RF-Sレンズに対応したミラーレスカメラ「EOS R7」を2022年6月下旬に発売する。希望小売価格はオープン

Via : PRONEWS – キヤノン、「EOS R7」発表。新APS-Cミラーレス登場、約3250万画素・RF-Sレンズ対応

キヤノンは、RFマウントのAPS-Cミラーレス「EOS R7」を6月下旬に発売する。価格はオープン。キヤノンオンラインショップでの販売価格はボディ単体が税込19万7,780円、18-150mmレンズキットが税込24万6,180円。

Via : デジカメWatch – キヤノン、約3,250万画素・AF連写15コマ/秒のAPS-Cミラーレス「EOS R7」。ボディ19.8万円

「EOS 7D Mark II」以来、久しぶりの「7」というナンバリングを持つAPS-Cのハイエンドモデル。高速読み出しに対応した約3250万画素のCMOSセンサーと、映像エンジン「DIGIC X」を採用。APS-Cセンサー搭載EOS機で史上最高の解像性能を実現したという。常用で最高ISO3万2000の高感度撮影に対応する。「デュアルピクセルCMOS II」により、高速AFを実現した。

Via : ITmedia – 「EOS R」初のAPS-Cミラーレス「EOS R7」 約3250万画素 4K60p対応でLog撮影も

ミラーレスカメラ「EOS R」シリーズ初となる、APS-CサイズCMOSセンサーを搭載したハイエンドモデル。高いAF性能と被写体検出機能を備えた「デュアルピクセルCMOS AF II」を採用しており、高速・高性能を求めるハイアマチュアユーザーのニーズに応えたという。

Via : 価格.com – キヤノン、3250万画素のAPS-Cミラーレス最上位「EOS R7」

海外のEOS R7ハンズオン動画

Canon EOS R10の発表記事はこちら

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す