スポンサードリンク -

マップカメラ4月のランキングが異常事態に(THE MAP TIMES)

Pocket
LINEで送る

マップカメラさんが2022年4月の新品デジタルカメラランキングを公開しました。

なんとのっけからとんでもない事態に。2019年3月発売の『Canon EOS RP』が、堂々1位を獲得しました。発売から実に3年を経過しています。発売月はRICOH GR IIIと重なり、2位に甘んじています。それが今までの最高位で、今回が初の1位獲得となります。

Via : The Map Times – 2022年4月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング
  • 1位 Canon EOS RP
  • 2位 Cannon EOS R6
  • 3位 FUJIFILM X-E4
  • 4位 Canon EOS R5
  • 5位 Panasonic LUMIX GH6
  • 6位 OM SYSTEM OM-1
  • 7位 Nikon Z9
  • 8位 Nikon Zfc
  • 9位 Nikon Z6II
  • 10位 SONY FX3

Canonの状況

  • 発売から3年を経過したCanon EOS RPが首位を獲得の前代未聞ケース。
    • EOS R5とEOS R6と共にコンスタントにランキング入り。
    • SONYの独断場だったフルサイズミラーレス市場に割って入る存在に。
    • キャッシュバックが後押し。
  • EOS Rもランキング14位に入っていてCanonの好調さを物語っている。

FUJIFILMの状況

  • 復調の兆し。
  • 供給数は増えて来た。

パナソニック、OMの状況

  • マイクロフォーサーズ2台が揃ってランクイン。
  • GH6は動画撮影を目的にした購入が大半。
  • OM-1の人気が上がっているがお取り寄せ状態。
    • 今回爆発的に売れている。

Nikonの状況

  • Nikon Z9は予約された方に行き渡るには依然として長期の時間が必要。
    • 入荷状況の問い合わせが連日入っている状態。
  • Zfcがランクインしたのは張替えキャンペーンの終了が迫ったこと。
  • キャッシュバックは人気の無いZ7IIは対象だったが、Z6IIは対象外にも関わらずランクイン。

SONYの状況

  • SONY FX3がソニー機の中で唯一ランクイン。
  • SONY α7IVがランキングに入っていない理由は供給不足。
  • 予約は日々入っているので供給不足の事態は深刻。

これまでフルサイズミラーレスでは最強だったSONYがプロ用動画機のFX3しかランクインしていないのはまさに異常事態ですね。
大人気のα7IVがランクインしていないことからするとSONYはプロ市場の方を優先してFX3を供給しているということなのでしょうかね。

一方のCanonの安定感は流石ですね。入門機でシェアを確保して、R5とR6もちゃんと販売出来ているというのは理想的な販売状況では無いでしょうか。

で、マップカメラさんはベテランユーザーのお客様が多いと思いますが、そこでマイクロフォーサーズが人気なのも注目だと思います。
特にPanasonicはフルサイズ機のSシリーズはなかなかランクインしないようですがGH6がしっかり人気になっているのは、やはりマイクロフォーサーズに対する需要は確実にあるということですね。

で、米国の5000ドル以上のフルサイズフラッグシップミラーレス機ナンバーワンを獲得したのがNikon Z9だったというお話ですが、先日のヨドバシカメラのランキングも併せるとやはり日本でもα1やEOS R3よりも上位に来ているという状況も確認できました(^^;

とにかくSONYがいずれ供給挽回すると思いますので今後の動向に注目ですね!

X-E4

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す