スポンサードリンク -

Capture One 22 が12月9日公開を予告!究極のクリエイティブツールに生まれかわりました

Pocket
LINEで送る

CaptureOneのWebサイトに最新メジャバージョンの22が12月9日にリリースされることが予告されました。

CaptureOne 22
  • パノラマ・スティッチング
    • 曲がり角や歪みのない超広角のステッチショットを制作できる。
    • マルチラインスティッチにより、ブレナイザ(Brenizer)方式による浅い被写界深度の高解像度画像を実現
  • HDRの統合
    • 露出別の複数RAW 画像を組み合わせることでHDR画像を生成。
  • 自動回転機能

パノラマ+HDRは既にLightRoomClassicなどに搭載されていますが、Capture Oneの最新バージョンでもそれが可能になるということですね。

パノラマイメージの撮影は大変なのですが、その後のワークフローがこのようなツールで効率化されることでよりクリエイターの方々の関心が集まるかもしれませんね!

ちなみに、本日時点でCaptureOne 21のライセンス価格は以下のようになります。

  • 毎月サブスクリプション 3,093円/月
  • 年間サブスクリプション 23,067円/年
  • ライセンス買取 38,531円

9月くらいに買取のCaptureOne 21 → 22のアップグレードキャンペーンなどが行われていたようですが、まぁバージョンアップのことを考えるとサブスクで購入されるメリットがあるということですね。

Manfrotto パン雲台 MH057A5

Manfrotto パン雲台 MH057A5

55,905円(05/26 00:51時点)
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す