スポンサードリンク -

マップカメラさん 10月の人気ランキングが凄いことになっている件

Pocket
LINEで送る

マップカメラが2021年10月のカメラ人気ランキングを発表しました。
今回は驚きの結果です!

2ヶ月連続で、新製品が新品ランキング初登場1位を獲得しました。
10月1日発売のRICOH GR IIIxが、2位に大きく差をつけての首位です。

Via:THE MAP TIMES – 2021年10月 新品・中古デジタルカメラ人気

何と、RICOH の新プレミアムコンパクトカメラ GR IIIxがトップ!という、このカメラで2回目のサプライズとなっています。(1回目はGR IIIxが前兆も無く突如発表された時)

  1. RICOH GR IIIx – プレミアムコンパクト
  2. Nikon Z fc – ヘリテージスタイルミラーレス
  3. Canon EOS R6 – 中級ミラーレス
  4. SONY ZV-E10 – APS-C レンズ交換式 VLOGCAM
  5. Canon EOS RP – 入門フルサイズミラーレス
  6. SONY FX3 – プロ用動画カメラ
  7. FUJIFILM X-E4 – レンジファインダースタイルミラーレス
  8. Canon EOS R5 – 中上級フルサイズミラーレス
  9. FUJIFILM GFX 50S II – 中判ミラーレス
  10. Nikon Z6II – 中級フルサイズミラーレス

RICOHの状況

  • GRIIIxは従来のGRファンは勿論、気軽に高画質のスナップ撮影を楽しみたい方にも注目されている。
    • 事前の予約数も相当
    • 発売開始後も新規ご注文のお客様が後を絶たない状態。
    • デモ機の置いてあるカウンターには目もくれず、まっすぐレジカウンターで購入されるケースが目立つ。
  • 順調に供給を続けるRICOHの企業力にも注目

Nikonの状況

  • Z fcは供給不足も解消の方向。
    • Z 28mm F2.8(Special Edition)レンズキットが好調。
    • ボディ単体や16-50 VR SLレンズキットは依然品薄状態。
  • 今回のランキング上ではZ fcの復活だけが目立った。
    • Z9の発売が開始されればその月のランキングの顔になることは間違いなし。

Canonの状況

  • Canon EOS R6、RP、R5の3機種で7カ月連続ランクインを果たした。
  • ロングセラーを続けるEOS RPはすっかりフルサイズ入門機としての地位を確立した。
  • レンズの供給不足はかなり深刻。ボディの購入を躊躇されている方も多い。

SONYの状況

  • SONY VLOGCAM ZV-E10は3位までとは大きく差をつけられる形。
    • 店頭での問い合わせも発売開始時に比べるとかなり減ってしまった。
    • ネットでの販売が主だった。
  • プロフェッショナル向けFX3が、6位は驚きの結果。
  • 本来の主力機であるα7系が消えてしまったのは残念。

FUJIFILMの状況

  • 人気のX-S10が相変わらず品薄状態で苦戦。
    • ボディ単体は在庫があるもののXF18-55mmとのレンズキットが供給不足。
  • 7位のFUJIFILM、X-E4もXC15-45mmも現在入荷待ち。
  • GFX 50S IIもボディ単体は在庫があるのですが、GF35-70mmとのレンズキットがやはり入荷数が少ない。
    • キットの入荷までご購入を控える方がほとんど。

ということで、マップカメラさんのランキングはかなりカメラをご存じの方が購入される割合が高いせいか、いつも特徴的なのですがそれにしても今までのランキングの中でこんなに多種多様なカメラがベスト10になったことがあるのでしょうか?(^^

しかも、今回は、RICOH、Nikon、Canon、SONY、FUJIFILM、の各社がそれぞれ得意分野のカメラをラインクインさせています。

これからは他のカメラには無い魅力を備えたカメラがユーザーの購買意欲をそそるということになりそうですね、、、、
そういう意味ではNikon Z9の登場はフラッグシップ機=プロ機というより、今までに無い広いユーザーを獲得しそうですね!

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す