スポンサードリンク -

ソニーα7IVは3300万画素で10月発表?GPS搭載もある???(SAR)

Pocket
LINEで送る

SonyAlphaRumorsが皆さんお待ちかねのSONY α7IVについて最新の噂を公開しました。

但し今回の情報は未だ未確認な項目もあるということです。

The reliable info I got about the Sony A7IV is:

Via:SAR – Totally wild A7IV specs rumors
  • α7IVに関する信頼できる情報が得られた。
    • 10月発表(もしチップ供給が行われていたら)
    • 新開発3300万画素イメージセンサー
    • ボディ側手ブレ補正(+AS)は5.5段分の効果
  • 次の情報は最近アジアのソースから来たもので、未だ確認が取れていない。
    • 今私の机の上にα7IVが置かれている。
    • 3300万画素
    • 4K60p
    • FHD 240p
    • 連写10コマ/秒で大容量のバッファ
    • 世界最速のAF
    • GPS搭載
    • 新HDR処理で、スマートフォンと同じ仕上がりが得られる。

α7IVの画素数についてはこれまでも3000万画素説が流れていましたので、今回の3300万画素という情報は妥当という感じですね。その上で連写性能が10コマ/秒で大容量バッファが搭載されているとなると、大部分のユーザーにとってベストなバランスの性能だと思われます。

そして、私個人的にはGPS搭載がちょっとサプライズです。
これまでもTwitterでGPSが絶対に必要なのでお願いしますということを呟かさせて頂いておりましたが、やっとミドルクラスのカメラで搭載されるとなると、一気に普及する可能性が出てきました。(まずはSONYがリードして他社が追従するといいですね。)

さらに最後の、スマートフォンと同じような画像処理というのが、ここ最近のカメラとスマートフォンの関係を示していて面白いですね!

いずれにしてもチップ供給が順調ならばということですので、改善されることを祈ります!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

《新品》 SONY (ソニー) α7SIII ボディ ILCE-7SM3【KK9N0D18P】
価格:409000円(税込、送料無料) (2021/8/31時点)

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す