スポンサードリンク -

フジフイルムGFX50SIIは最新のX-Prosessor 4が搭載され、AF高速化と全フィルムシミュレーションが搭載される(FR)

Pocket
LINEで送る

FujiRumorsがGFX50SIIの画像処理プロセッサとAFについての噂をアップしました。

According to our sources, the Fujifilm GFX50SII will feature Fuji’s currently most modern processor, the X Processor 4.

Via:FR – Fujifilm GFX50SII has X Processor 4
  • 我々のソースによれば、FUJIFILM GFX50SIIは最新のX-Prosessor 4が採用されるということだ。
  • 一方で現行のFujifilm GFX50Sは前世代のX-Processor Proが使われている。
    • これは大きな違いとなる筈で、GFX50SIIは現行より高速のAFとなるだろう。
    • また愛すべきノスタルジックネガを含む最新のフィルムシミュレーション全てが搭載されることになるだろう。
  • ただしGFX50SIIには未だ裏面照射型センサーは搭載されないので、GFX100SほどAFは高速では無いと予測している。
    • しかし、X-Prosessor 4によって5000万画素センサーの実力を余すことなく絞り出すことになるだろう。

これまでの情報ではGFX50SIIの外観はGFX100Sと全く同じということでした。

そしてGFX100Sには勿論X-Processor 4が搭載されています。

FUJIFILM X-Processor 4

とすれば外身もそうなら中身も多くの部分が共用化されている可能性が高いのでGFX50SIIが最新のプロセッサーを搭載する方が納得出来ると思います。

GFX100Sの1億画素数を難なく処理出来るプロセッサですので5000万画素は余裕になると思いますので、更に高速のレスポンスが期待出来るかもしれませんね!
逆にクロックが落とされていればバッテリーもより長持ちになるかもしれませんし(^^

それよりもFUJIFILMファンの方にとって何よりも嬉しいのが最新のフィルムシミュレーションが搭載されることだと思いますので、期待したいですね。

出来ればこれを機に更に新しいフィルムシミュレーションが搭載されればなお嬉しいことになりそうですがどうなんでしょう、、、、

楽しみですね!!

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す