スポンサードリンク -

タムロン 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)を開発発表!光学系の再設計とVXDを採用!

Pocket
LINEで送る

TAMRONが、第二世代のミラーレス用標準大口径ズームレンズ28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)の開発発表を行いました。

発売は2021年内で、価格は未定ということです。

フルサイズミラーレス一眼カメラ対応のソニー Eマウント用大口径標準ズームレンズ「28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)」(以下Model A063)の開発を発表いたします。

Via : TAMRON- 光学・AF性能の大幅向上に加え、機能の
TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)
  • Model A036:28-75mm F/2.8 Di III RXD の後継モデル
  • ゼロから設計を見直し光学系を刷新
  • AF駆動にはリニアモーターフォーカス機構VXD (Voice-coil eXtreme-torque Drive)を採用
  • 広角端で最短撮影距離0.18m、最大撮影倍率1:2.7
  • フィルター径φ67mm

そしてこちらがMTFチャートですが、左が現行モデルの28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)で、右が今回開発発表された28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)ですが、現行モデルとは別次元の性能を示すレンズになっていることが判ります。

周辺まで高い解像度とコントラスト性能が見込まれる素晴らしいレンズになりそうです。

光学性能をゼロから見直して開発したということですが流石にすごい進化ですね!

ちなみに、現時点で、28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)の実売価格は8万円から9万円という感じでしょうか、

2018年での発売時点で希望小売価格10万円で、実売が8.5万円でしたので少しだけ安くなっているようです。

タムロン 28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)発売!予約開始!実売価格は?

このように価格がキープされていることからも、低価格でありながらもフルサイズ対応したF2.8の標準ズームレンズでなので、発売されてからもずっと人気が続いてるということですね。

なので仮に開発発表された28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)も実売価格が10万円以下となると、更に大人気になるのは確実だと思います。

また、本日同時にTAMRONはポートレート用大口径ズームレンズも開発発表しています。

タムロンが35-150mm F/2-2.8 Di III VXD (Model A058)を開発発表!

2本共SONYユーザーであればすぐに欲しくなるレンズだと思いますので、早く正式発表して欲しいですね!

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す