スポンサードリンク -

パナソニックが フルサイズvsマイクロフォーサーズとGH6 vs GH5II のポジショニングについて説明

Pocket
LINEで送る

海外向けのPanasonic LUMIX Video チャンネルにパナソニックビジネスユニット長の山根氐がGH5IIとGH6製品の詳細について解説する動画がアップされていました。

まずはLUMIX 20周年おめでとうございます!

今回のGHシリーズの発表で強調されていたのはマイクロフォーサーズシステムの拡大をコミットするということでした。

パナソニックが動画ストリーミングに対応するLUMIX GH5IIとフラッグシップカメラGH6を発表5.7K60p記録対応!

そして動画ではフルサイズのSシステムとマイクロフォーサーズシステムの立ち位置をこのように分けられています。

  • フルサイズシステム
    • 最高の画質
    • ダイナミックレンジ
    • 高感度
  • マイクロフォーサーズシステム
    • 高速性能
    • モビリティ

そして、GH5IIとGH6のポジショニングについても説明されています。

  • GH6
    • ターゲットユーザー>プロフェッショナルビデオグラファー
    • 訴求ポイント>先進的な動画性能
  • GH5II
    • ターゲットユーザー>ユーチューバー/ビデオロガー
    • 訴求ポイント>ストリーミング対応を訴求

ということです。

まぁ、同じようにビデオフォトグラファーやVログユーザーを本気でターゲットにしているSONYにしても同じ分類かと思いますが、現実的には、フルサイズ=高価、マイクロフォーサーズ=お買い求め易い価格、というのが実際のユーザーには重要かもしれませんね。

GH5IIはハイエンドカメラにしては低価格だと思いますので、GH6の価格もそれほど高くならないようであれば、これらの分類は成り立ちそうですね!

パナソニック LUMIX DC-GH5II 予約開始!実売価格は?

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

コメントを残す