スポンサードリンク -

ソニー 単焦点レンズ Gマスター™ 『FE 50mm F1.2 GM(SEL50F12GM)』国内発表!開放F1.2の大口径による美しいぼけ描写と小型軽量設計

Pocket
LINEで送る

先日海外で先に発表されていた、SONYの超大口径単焦点レンズ FE50mm F1.2 GMが国内でも発表されました。

発売日は2021年4月23日で、3月23日(火) 10時より予約販売開始予定で、価格は税込28万円前後ということです。

プレスリリース

ソニーは、35mmフルサイズ対応α™(Alpha™) Eマウントレンズの新商品として、焦点距離50mmの大口径標準単焦点レンズGマスター™ 『FE 50mm F1.2 GM』を発売します。プレミアムレンズシリーズのGマスターならではの高い設計基準による解像性能と、美しくやわらかなぼけ描写を両立し、開放F値1.2の浅い被写界深度の効果を最大限に引き出す優れた表現力を備えた小型軽量レンズです。

Via SONY 開放F1.2の大口径による美しいぼけ描写と高解像を小型軽量設計で実現
高性能AF搭載の単焦点レンズ Gマスター 『FE 50mm F1.2 GM』 発売

icon
icon

機能説明ビデオ

Eマウントレンズは60本のシステムに拡充されたということです。

製品情報ページ

icon
icon

予約後に販売店がどのような価格にするのかは不明ですが、予測としては28万円ということですので、各レンズを比較した記事にも反映させてみました。

ソニー FE 50mm F1.2 GMレンズが発表されたので50mmF1.4ZAとRF50mm F1.2LとZ50mm f/1.2SとS PRO 50mm F1.4のスペック/価格を比較

海外では2000ドルを切って販売されるようですが、日本での28万円という価格、Nikon 50mm f/1.2 Sと同じくらいということで、絶妙の価格設定ですね(^^

Zeissの50mm F1.4持っている方は、下取りに出せばいい感じ?のお値段にもなりそうなのでいかがでしょうか?

また、他の50mmレンズからアップグレードとしてはこのレンズしか無いという感じですね!

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す