スポンサードリンク -

『過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい、写真家 森山大道』ドキュメンタリー映画4月30日公開

Pocket
LINEで送る

先日、森山大道先生のドキュメンタリー映画が制作されたということを知りました。
監督は岩間玄氏で4月30日に公開されるということです。

Twitterの公式アカウント

YouTubeに予告編が公開されています。

公式サイト

森山大道 daido moriyama

これまでも写真界のレジェンドである森山大道先生を扱われたショートムービーやテレビドキュメントなどが放映されたことがあるかと思いますが、今回の映画化はまさに森山先生のこれまでの活動の集大成の記録になりそうですね。

私も絶対に鑑賞したいと思います。

ちなみに今年のCP+2021でも2月27日のRICOHのイベントで森山大道先生とミスターGRの野口 智弘氏の対談形式で登壇される予定となっていますのでこちらも見逃せませんね!

そしてカメラクラスタの方が気になるのは、森山大道先生が使われているカメラは何?というお話だと思いまずが、2017年のこちらの記事でも書かせていただきましたが、この映画のシーンで森山大道先生がストリートスナップで使われているのはNikon COOLPIX S7000のようでした。

岩間監督のnoteにもS7000の使い方について

何と大道さん、ニコンクールピクスS7000の電源をオフにせず、つねにオンにした状態でぶら下げているのです!

Via 監督日記⑮ ~大発見⁉森山大道は何とカメラの…

COOLPIX S7000は2015年に発売された、換算25-500mm相当の20倍高倍率ズームコンパクトで、センサーは1602万画素1/2.3型ということでした。

森山先生を前にして画素数のことなんて無粋かもしれませんが、1600万画素のカメラですからもうこの頃から十分に芸術的な写真が撮れるスペックになっていたわけですね。

ということでそんなレジェンドとなったNikon COOLPIX S7000の新品は未だ手に入れることができるようで、なんと10万円近いプレミアムなお値段になっています。

しかし、ゴールドモデルなら3.4万円なのでいかがでしょうか?

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

コメントを残す