スポンサードリンク -

今年もマイクロフォーサーズレンズのシェアがナンバーワンに輝く

Pocket
LINEで送る

フォーサーズ規格のサイトが、2020年レンズマウントシェアナンバーワンを獲得したことをリリースしました。

プレスリリースPDFはこちら

12年目の2020年、日本国内のレンズ交換式デジタルカメラ市場において、レンズマウント別台数シェアNo.1 を達成しました。

Via:PRtimes – 2020年レンズ交換式デジタルカメラの…

ちなみに、オリンパスが昨年も2019年ナンバーワンというリリースを行っています。

オリンパス株式会社とパナソニック株式会社は、2008 年に共同でマイクロフォーサーズシステム規格を発表し、本規格の普及に努めてまいりましたが、11年目を迎えた2019年、日本国内のレンズ交換式デジタルカメラ市場において、レンズマウント別台数シェアNo.1を達成しました。

Via : OLYMPUS 2019年マイクロフォーサーズがNo.1を達成

フルサイズミラーレスが話題の中心となった昨年ですが、やはり実際のユーザーは気軽に買えて持ち運びも便利なマイクロフォーサズの人気は侮り難いものがあるようですね。

OLYMPUSの新レンズM.ZUIKO ED 150-400mm F4.5 は今注文しても納品は冬になるほどの人気?を集めているようですので、まだまだ可能性があるマイクロフォーサーズも先日のフルサイズカメラや中判カメラを逆襲するような新ボディも発表して欲しいですね!

OLYMPUS 超望遠ズームレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II

OLYMPUS 超望遠ズームレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II

30,100円(09/24 11:56時点)
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す