スポンサードリンク -

ソニー α7IV、α6100後継モデルやレンズに関する様々な噂、これらのどれが本当になるのかな?(SAR)

Pocket
LINEで送る

SonyAlphaRumorsが、クレイジーな噂段階だけど、、、、という記事を掲載しました。
主に、α7IVの情報が共有されているようですが、おそらくこの中には本当になる情報が含まれているかも、、、ということですので、まずは話半分に読んで行きたいと思います。

About those rumors: I have no idea who sent them and 90% of the times they turn out to be wrong. But, it happened in the past that a couple of those were right.

Via : SAR – Crazy rumors roundup…
  • これまで噂の90%は正しく無かったが、過去送られて来た情報の中には幾つか正しいものも含まれている。
  • 今回はそのような情報これから追跡してみたいと考えたものを公開する。
  • Source 1
    • α6100は2021年の中旬にアップデートされる。共通SDKの対応となる
  • Source 2:
    • ILCE-7M4は旧型のα7IIIのセンサーが使われる。
    • α7IVの進化ポイントは
      • Bionz XR,
      • LCD画面の改善新ボディ新EVF
      • ISO 80 で 15段分のダイナミックレンジ高感度性能の向上AF速度の向上
      • 14-bitで 10コマ/秒の連写
      • 4K動画フォーマットについて
      • XAVC HS 10Bit 4:2:0 & 10bit 4:2:2
      • XAVC S 8Bit 4:2:0 & 10Bit 4:2:2
      • XAVC S-Iは無い
      • フルフレーム 6KオーバーサンプリングQFHD
      • 以上の全てのフォーマットは最高30p
      • 30pでは1.2xクロップは行われない
      • 4K/50p、60pでは FX9のように1.2xクロップとなる
      • Super 35mm Pixel to Pixel QFHD: 最高60p
      • 100/120p XAVC HS 10Bit 4:2:0 200M
      • XAVC S 8Bit 4:2:0 200M.
      • FHD動画は最高180p (フルサイズ S&Q モード)
    • S35クロップ時の α7IVはα7SIIIと同等のAF性能を持つAPS-Cバージョン的なものになる、またコーデックも同等だ (expect XAVC SI, XAVC S/HS QFHD 100/120p 10bit 4:2:2).
  • Source 3:
    • α7 IVには新型裏面照射型でローリングシャッターを最小にしたセンサーが搭載される画素数は未だ不明
    • メカニカルシャッター12コマ/秒、サイレント 20コマ/秒
    • α7SIIIの700ポイント位相差認識が搭載される
    • 4kフルサイズは最高 60 fps
    • 1080p は最高180 fps
    • 10 bit 4:2:2 with h.264 及び h.265 Long GOPコーデックでAll Iコーデックでは無い新ボディ、ボタン、メニュー、タッチスクリーン、フィリップスクリーン
    • EVF 369万ドット液晶1.44万ドット 3.2型
    • 2021年Q3に発表
    • 2500ドル
  • Source 4:
    • SONYは2021年に2本の新レンズをリリースするということを聞いた
    • 24/70 f2.8と70/200 f2.8
    • これは既存モデルのリプレース版である
  • Source 5:
    • 4800万画素から5000万画素センサーに関する情報を聞いたそのカメラはメカニカルシャッターで15コマ/秒、でんしシャッターで20コマ/秒以上、25、30になるかは現時点で判らない
    • 動画
      • 8k 30p 10 bit 4:2:2 8k RAW記録
      • 4k 最高 120 fps 10 bit 4:2:2 RAW記録は無い
      • α7S IIIのボディ、EVF、メニュー、タッチスクリーン、共通のグリップ等

いかがでしょうか?

現時点では多種多様な情報が錯綜しているようですが、一部共通したスペックも含まれてはいるようですね。

いずれにしても発表が近くなると噂レベルからリーク情報に変わって行きますので、今判るのはα7IVの発表はもう少し先という感じでしょうか?

出来れば、CP+2021あたりで何か発表をして欲しいとは思いますが、まずはα9IIIということですね!

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

ソニー α7IV、α6100後継モデルやレンズに関する様々な噂、これらのどれが本当になるのかな?(SAR)」への1件のフィードバック

コメントを残す