スポンサードリンク -

ニコンの次の新製品予測まとめ、2台の一眼レフと複数のFマウントレンズも?(MR)

Pocket
LINEで送る

Nikon RumoesがNikonが次に出す新製品のまとめ記事をアップしましたが、そこには未だFマウント一眼レフカメラの新製品も含まれているようです。

Here is another recap of a recent internal Nikon presentation:

Via: NR : Recap of recent Nikon presentation:
  • NikonZ7IIは12月初旬から中旬に出荷が開始される。
    • 次のディーラーへの出荷は1月中旬となる。
  • 2021年末までに8本の新Zマウントレンズが発表され、合計で24本のラインナップとなる。
    • 5本の新単焦点レンズがあり、S-Line400mmやS-Line600mmも含まれる。
    • 100-400mmはとてもシャープで売れ筋のレンズになることが予測される。
    • 2本のマクロレンズ、60mmと105mm
  • 無料の新Webcamユーティリティ
    • 家族と直ぐにデジタルコミュニケーションができる。
  • (確認済)2021年内に数本の新Fマウントレンズが発表される。
  • 2021年内に2機種の新デジタル一眼レフボディが発表される。
  • Nikonは一眼レフボディの開発を止めていないが、主要なR&D投資対象はミラーレスカメラである。
  • Fマウントを終了させる計画も無い。
  • 未だ一眼レフボディの方がZマウントミラーレスボディを上回っているが、Nikonは60日以内にミラーレスがFマウントを上回ることを期待している。
  • Zマウントボディはファームウェアアップデートを継続させ、大幅に進化させる計画がある。
    • SnapBridgeの改善だけではなく、メモリカードでより簡単にアップデートが完了するようにする。
  • 瞳AFの開発は継続されており、ペットモードもそれに含まれた。
    • 野生動物でも動作するようになるだろう。
    • 但し野生動物の瞳トラッキングは将来のアップグレードになる。

いかがでしょうか?
Nikonは一眼レフカメラの開発については投資を減らされるようですが、それでも開発は継続されるということですので、まずはファンの方は一安心では無いでしょうか?

それにしても気になるのは、来年レンズは確実に出すこと、そして一眼レフボディ2機種が出ることを予測していますが、それは一体何になるかということですね。

1台は根強い人気であるD850の後継モデルであるという噂が出ています。

米国でニコンD850が売り切れ状態に、来年初頭に後継モデルが出る?(NR)

そしてもう1台は何なんでしょうか?
最近、Nikon Dfの人気も再燃する傾向もあるようですので、そんな期待にも応えて頂きたたいと思います。
そしてそれがMade in Japanが継続されると更に良いと思いますが、、、、

ニコン半導体事業も荒波に呑まれ中、日本製のニコンのカメラは消滅するのか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ND オリジナルピンバッジ
価格:500円(税込、送料別) (2020/11/26時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニコンカレンダー 2021年版
価格:1650円(税込、送料別) (2020/11/25時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ND ニコンロゴステッカー
価格:524円(税込、送料別) (2020/11/25時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ND ニコン ウインドブレーカー
価格:4000円(税込、送料無料) (2020/11/25時点)

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

コメントを残す