スポンサードリンク

ローランドが HDMI-USB3 キャプチャデバイスUVC-01を発売

Pocket
LINEで送る

ミラーレスカメラをUSB接続してビデオ会議に参加という流行?も各社対応が完了?して一段落した感もあります。

そして最近サンコーが低価格のUSB-HDMIのUVC映像変換デバイスを発売、またAtomosもプロ向けを謳う製品をリリースしました。

そして、ローランドも同様のHDMI-USBの完全にプロ向けというか、放送機器としてのキャプチャデバイス(その名の通り)UVC-01を発売したということです。

ドライバーのインストール不要、ローランドのビデオ・スイッチャーと組み合わせて簡単にライブ配信を実現

Via : Roland – UVC-01
  • HDMI IN端子:HDMIタイプA
  • マルチフォーマット対応
  • HDCP非対応
  • USB STREAM端子:USB3.0 Bタイプ
  • 入力 :最高FHD(1920×1080/60Hz)
  • USB映像出力解像度 最高1920×1200
  • AUX IN端子:ステレオ・ミニ・タイプ
  • 外形寸法90(幅)×37(奥行)×23(高さ)mm
  • 質量(本体のみ)96g

ラインレベルの音声入力端子が付いていること、USB3というのが他とちょっと違うという感じでしょうか?

Roland USV-01は既に予約が開始されています。
価格は27500円ということで、他の製品よりお高いとは思いますが、最高のビデオストリーミング環境を準備されたい方はいかがでしょうか?

Roland/UVC-01 USB VIDEO CAPTURE

Roland/UVC-01 USB VIDEO CAPTURE

27,500円(10/22 00:46時点)
Amazonの情報を掲載しています

サンコーが発売した「HDMI to USB WEBカメラアダプタ」があればWeb会議対応!これこそゲームチェンジャー?(デジカメWatch)

Webストリーミングはプロ向けというUVC対応のHDMI動画キャプチャデバイスAtomos CONNECTで決まり?

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す